営業から転職したい!転職成功を目指してやるべきこととおすすめ職種3選!

営業から転職したい!転職成功を目指してやるべきこととおすすめ職種3選!

企業の売上に直接貢献できる営業職は花形職と言っても過言ではありません。しかし、ノルマに追われたり取引先との付き合いに駆り出されたりなどの大変さを理由に、

「もう辞めたい・・・」

と思っている方もいるでしょう。

どんなに花形職だからと周りにもてはやされても、辟易した状態では良い成績が残せずまたノルマに追い詰められるという悪循環に陥ってつらいですよね。

そんな営業に限界を感じている方に向けて、今回は営業から転職成功を目指してやるべきことやおすすめの職種を紹介します。営業から転職したいと考えている方は、ぜひ新たな人生のスタートのために役立ててください。

営業から転職したくなる理由

なぜ, テキスト, 質問, マーケティング, オフィス, 成功, 問題, メモ, 書き込み, 要求, 情報

不景気が叫ばれる現代において、営業は比較的給料が高く人気があります。それにもかかわらず、なぜ営業から転職したくなるのでしょうか?

ここからは、営業から転職したいと考える理由について解説します。転職の採用試験時に「前職を辞めた理由は何ですか?」という質問に対する返答の対策にもつながるので、どんな理由で辞めたいのかここで明確にしておきましょう。

ノルマがつらい

営業の大変さと言えばノルマ。このノルマに縛られる日々に嫌気がさしたことを理由に転職を考える方が多いです。

「月末なのに、あと5本も契約をとってこないといけない・・・」

「今月の予算300万だけど、買ってくれるお客さんのあてがない・・・」

このようにノルマを課せられることは、営業であれば日常茶飯事です。

ノルマには、「目標が明確になる」「予算が立てやすい」など個人と企業どちらの立場でもメリットがあります。ただ、常にノルマ達成を求められるのは大きなプレッシャーとなってしまうもの。精神的に追い詰められ、「解放されたい!」という一心で営業から転職を決意する方が多く見られます。

人付き合いに疲れた

孤独感, 女, ビーチ, 肖像画, 疲れています, 人間, 人, 海洋, 無邪気さ, 現実の人間

いろんな人との出会いを楽しめるのが営業の醍醐味。しかし、そのメリットが逆効果に働き、人付き合いそのものに疲れを感じさせてしまいます。

例えば、取引先の接待に行かなければならなかったり、お客様のもとに行く際に手土産を用意しなければならなかったり、時には休日でも電話をとらなければらないこともあるでしょう。このように、常に気を遣わなければならないことに疲れを感じてしまう方は少なくありません。

そのため、人と話すのが好きで営業になったはずなのに、営業から転職を考える頃には人とのコミュニケーションに辟易してしまっている方も多く見られます。

仕事量が多すぎる

実業家, ボックス, トランスポート, 配信, 物流, ビジネス, 男, 人, 段ボール, 仕事, オフィス

「営業はお客様と話をして契約を取るだけでしょ?」

そんなイメージを持っている方も多いかもしれませんが、営業は接客以外にもたくさんの業務を行っています。その激務に耐えられないと営業から転職を考える方が多いです。

営業の仕事には、

  • お客様へのアポ取り
  • 資料作成(商品情報に関する書類や見積もりなど)
  • 商品の発注
  • 納品や集金、アフターフォロー

などがあります。このように、たくさんの仕事をこなさなければならないことから営業は効率よく仕事をするスキルが身につくのがメリットです。しかし、そこに魅力を感じられない方は転職に気持ちが向いてしまいます。

営業から転職したい時におすすめの行動

営業の仕事に疲れて転職を考えているのであれば、一刻も早く転職をしたいですよね。しかし、すぐに辞めたいからと言って退職願を出しても、会社都合もあるのでその日に辞められるわけではありません。

では、営業から転職したいと思ったらどのような行動を起こすとスムーズに事が進められるのでしょうか?ここからは、営業から転職したい方が取るべき行動について解説します。

上司に相談をする

営業から転職を考えている段階で、まずは上司に相談をしましょう。

退職を希望する場合、就業規則に則って退職日を決定しなければなりません。内容は企業によって異なりますが、退職希望を申し出てから1ヶ月後に退職という流れが一般的です。

いつまでも言わずにいると、いざ転職先が決まってもなかなか辞められないという可能性があるので、退職したい気持ちがあるのであれば早めに伝えておくことをおすすめします。

また、上司に相談することで仕事環境を改善してもらえることもしばしば。営業から別の部署に異動させてもらえたり、残業や休日出勤を減らしてもらえたりなど事を良い方向に進められると期待できます。

転職を目指すか改善された環境でもう一度頑張ってみるか、進む道は人それぞれですが、現状を変えられるという点では上司に相談するのは大きなメリットと言えますね。

転職エージェントを使う

激務の中で転職活動を進めるのは大変なので、転職をサポートをしてくれるようなサービスがあるとありがたいですよね。そこでおすすめしたいのが転職エージェントです。

転職エージェントは、希望に合わせておすすめの転職先を紹介してくれるだけでなく、採用試験に必要な書類作成や面接など様々なサポートを行ってくれます。

「1人で転職活動を行うのは不安」

「できるだけ効率よく転職活動を進めたい」

そんな転職希望者のニーズに応えてくれるため、非常に心強いですよね。転職に不安を抱く方でも、転職エージェントを活用すれば前向きに転職活動に取り組めるでしょう。

転職エージェントには様々なところがありますが、特におすすめしたいのは「ワークポート」です。

ワークポートは、16年以上の運営実績がある転職エージェントで、数多くの転職のプロが在籍しています。未経験からのキャリアチェンジに強いので、営業から異業種への転職に挑戦しやすいところが嬉しいですね。

そうして多くの方から支持を集めるワークポートは、数ある転職エージェントの中で転職決定人数No.1の実績を誇る人気転職エージェント。

サポート力抜群なので、営業から転職を考えている方はぜひ登録を検討してみてください。

ワークポートはこちらから

直接企業に応募する

企業HPや求人サイトなどに求人情報が掲載されているので、それを参考に直接企業に応募するのも1つの手段です。

現代では、パソコンやスマホを使えば求人情報が簡単に得られる時代です。忙しい日々を送る営業の方でも、隙間時間を見つけて仕事探しをすることは難しくありません。

そのため、ハローワークに行ったり求人冊子をもらいに行ったりしなくても、転職活動はできます。自分の好きな進め方で転職活動に取り組めるので、マイペースに転職活動をしたいと思っている方はぜひ気になる企業に応募してみてください。

営業から転職でおすすめの職種

表示, 分離, ビジネス, ジョブ, ドア, 検索, 従業員, 雇用, 仕事, 失業率, 機会, インタビュー

営業はコミュニケーションスキルや資料作成におけるパソコンスキルなど、様々なスキルを身につけられます。営業から転職をするのであれば、培ってきたスキルを活かせるような仕事を探したいですよね。

そこでここからは、営業から転職する場合に検討してもらいたいおすすめの職種を3つ紹介します。

事務職:パソコンスキルが活かせる

営業時代に資料作成等の業務を行っていた方は、ワードやエクセルなどのパソコンスキルが備わっています。そのため、パソコンを駆使する事務職であれば、スムーズに仕事内容を覚えられておすすめです。

また、事務職はカレンダー通りの勤務になることが多いので、残業や休日出勤が当たり前だった営業に比べて働きやすさも感じられます。

企画職:提案力が活かせる

ビジネス, 書類, 契約, ハンドシェイク, オフィス, ラップトップ, コンピュータ, 達成, 同盟

営業はお客様の悩みや希望を聞きながら最適な商品・サービスを提案する仕事。相手が何を求めているかを理解する力に長けているため、新しい商品・サービスを生み出す企画職が向いています。

「どうすれば売れるかを考えてトーク内容や資料作りを工夫していました」と営業時代の経験が企画職にも役立つことをアピールできるので、転職がしやすい傾向があります。

サービス職:コミュニケーションスキルが活かせる

両手プレート, 食品, スナック, 皿, おいしい, 祝賀会, プレート, ケータリング, 健康, イベント

たくさんの人と接してきた経験から、接客をメインとしたサービス職もおすすめです。

例えば、ブライダル業界。挙式までの数ヶ月間に新郎新婦と二人三脚で準備を進めなければならないため、円満な関係を構築できるようなコミュニケーションスキルが必要です。

営業はお客様と話をすることに慣れているので、緊張しているカップルさんを話術でうまく和ませられて信頼関係も築きやすいでしょう。

まとめ

ビジネス スーツ, ビジネス, 男, Professional, スーツ, 実業家, ネクタイ, 自信を持って

営業は、日々の仕事の中で様々なスキルを身につけています。そのスキルをアピールすれば異業種への転職も可能なので、営業から転職を考えている方も積極的にやりたい仕事を探せるでしょう。

ただ、仕事が忙しかったり転職経験がなかったりすると、どのように転職活動を進めたら良いか分かりませんよね。そんな時は、ぜひ上記で紹介したような行動を検討してみてください。

「営業を辞めたい」という現状を打破するために前向きな行動を起こせば、営業時代よりもっとやりがいを感じられる仕事と巡り合えるでしょう。

営業カテゴリの最新記事