【営業に向いてない人の特徴】営業の仕事を続けるか悩んだらやるべきこと

【営業に向いてない人の特徴】営業の仕事を続けるか悩んだらやるべきこと

「営業の仕事に就いてみたけど、向いてない気がする・・・」

緊張して喋れなかったり同じ新卒で入社した同僚にどんどん差をつけられたりすると「営業に向いてないのでは」と不安になりますよね。中には、辛いからいっそのこと辞めてしまおうかと考えている方もいるでしょう。

しかし、営業に向いてないと思っていても問題を改善させることで一気に才能を開花させられる場合もあるのです。

そこで今回は、営業に向いてない方の特徴を解説します。特徴ごとに適切な対処法もお伝えするので、営業に向いてないとお悩みの方は退職願を提出する前に一度考えてみてください。

営業に向いてない人の特徴

営業に向いてない人にはたくさんの共通点があります。中には意識することで改善できる場合もあれば、生まれつきの性格だから改善はどうしても無理だという場合もあるでしょう。この分岐が営業を続けられるか否かを左右します。

では、具体的にどのような人が営業に向いてないのでしょうか。ここからは営業に向いてないけど改善可能な特徴を3つ紹介します。

コミュニケーションが苦手な人

孤独です, 非表示, 悲しい, 若いです, だけで, 孤独, 意気消沈した, 問題, 少年, 男, 壁

とにかく人と接することが多い営業職だからこそ、お客様と円滑なコミュニケーションが取れない方は営業に向いてないと言えます。

営業の仕事は、お客様に「買ってください!」というだけでは売れません。まずはお客様との信頼関係を築き上げ、「この人からなら買いたい!」と思ってもらわなければならないのです。

  • 緊張して口数が少なくなってしまう
  • 会話が続けられない
  • 目を見て話すのが苦手

このような傾向がある方は他者とのコミュニケーションに苦手意識を持つことが多いため、営業の仕事に強いストレスを感じるようになります。

清潔感がない人

清潔感は第一印象を大きく左右するポイントです。どんなにトークが上手で豊富な商品知識を持っていても、営業マンが不潔だと印象が悪いのでお客様も距離を縮めてくれません。

営業マンは常に清潔感を意識することが大切ですが、自分は大丈夫なつもりでも客観的に見ると不潔な印象を受ける場合もあります。

そのため、「周りがどう思うか」という観点から清潔感を意識できない方は営業に向いていません。

他責思考の人

スーツ, ビジネスの男性, ビジネス, 男, 男性, 人, ホワイト, 大人, 若いです

なかなか成績が伸びないと、そのストレスからつい人や商品のせいにしたくなりますよね。ただ、この他責思考が癖になっている方は営業に向いてないと断言できます。

営業は、お客様の購買意欲を高めて気持ち良く商品を購入してもらうのが仕事です。「何か売られるのでは」とお客様が警戒していることが前提となるため、その警戒心を解きながら上手に販売につなげていく必要があります。

しかし、お客様にもいろんなタイプの方がいるためトークが上手でも100%販売できるとは限りません。結果が芳しくないことを反省・改善せず他のもののせいにする方は、その後の成長が期待できないので営業を続けても良い結果は得られないでしょう。

営業に向いてない人がやるべきこと:コミュニケーション編

お客様との距離を縮めるためにも、営業マンはしっかりコミュニケーションスキルを磨く必要があります。誰とでも円滑にやり取りができるようになれば、販売のしやすさも変わってくるでしょう。

では、どうすればコミュニケーションスキルを磨けるのか、具体的な対処法について紹介します。

ロープレをしてトークに自信をつける

商品を買う時は、誰だって信頼できそうな人から買いたいもの。「私に任せてくれれば大丈夫です!」と安心感を与えてくれる営業マンであればお客様も前向きに考えやすくなるため、トークに自信をつけられるようにしましょう。

そこでおすすめしたいのがロープレです。とにかく喋り慣れることで言葉がスラスラと出やすくなり、きちんと説明できている自分を実感して自然と自信も出てきます。

トークが上手な先輩や上司などにロープレ相手をお願いすると、的確なアドバイスをもらえる可能性があるので、ぜひ積極的にロープレを実践しましょう。

たくさんの人と交流する

人, 男性, 女性, アウトドア, ウェディングパーティー, 結婚

お客様と一言に言ってもいろんなタイプの方がいるため、営業マンな柔軟に対応しなければなりません。その柔軟さを身につけるためにも、仕事・プライベート問わず積極的に多くの人と接する機会を作りましょう。

例えば、ビジネス交流会に行ったり町のイベントに参加したりなどいろんな人と接せられる場はたくさんあります。

「この人にはこのような営業トークがハマりやすい」というのを素早く見つけ出せるようになれば、スムーズな営業もできるようになるでしょう。

営業に向いてない人がやるべきこと:清潔感編

ネクタイ, 調整, 調整します, 男, ビジネス, 実業家, 成功, スーツ, 企業

「人は見た目が9割」と言われるため、営業マンはトークスキルや商品知識以上に第一印象を良くすることが大切です。清潔感のある姿でお客様の前に立つことで、お互いに気持ち良くコミュニケーションを取りやすくなります。

では、営業マンが意識すべき清潔感にはどのようなポイントがあるのか、大きく分けて以下の2つを見てみましょう。

身だしなみを整える

髪型やヒゲなど目に入る部分はもちろん、爪などの見えにくい部分もきちんと手入れをしましょう。細かい部分まで気を配れる方は、清潔感があるだけでなく丁寧な仕事ができる印象を与えます。

下記に見直すべきチェックポイントを挙げるので、自分の現状と見比べてみてください。


・すっきりとまとめているか(男性は短髪、女性は長髪を束ねる)
・自然な髪色か
・フケやテカリなどの不潔さが見られないか

・眉毛の形が綺麗に整えられているか
・女性はナチュラルなメイクができているか
・男性は綺麗にヒゲを剃っているか

・短く切りそろえられているか
・派手なネイルをしていないか
・爪と皮膚の間に汚れがたまっていないか

ニオイ
・口臭ケアをしているか(歯磨き、口臭防止タブレットなど)
・体臭ケアをしているか(制汗剤の使用)
・香水をつけすぎていないか

服装を清潔に保つ

営業マンはスーツが基本。好印象に結びつけるための勝負服でもあるので、お客様が思わず「素敵・・・」とうっとりしてしまうようビシっとキメたいですね。

では、どのような着こなしを心がければ清潔感を与えられるのか、ポイントを見てみましょう。「自分ではよく分からない」という方は、家族や同僚など身近な方にもチェックしてもらうと良いですよ。


スーツ(ジャケット・パンツ)
・シワやほこりがないか
・派手な色や柄でないか
・季節感のあるスーツを選んでいるか(夏用・冬用)

シャツ
・綺麗にアイロンがけされているか
・派手な色や柄でないか
・首回りが汚れていないか
・首元までボタンを止めているか

ネクタイ
・デザインが派手すぎないか
・シワがないか
・しっかり首元まで締めれているか

小物
・靴下の色が派手でないか
・靴が汚れていないか
・カバンが汚れていないか

営業に向いてない人がやるべきこと:他責思考編

何でも人やもののせいにしてしまう他責思考の方は、自分を守るために周りに敵を作る傾向があります。頻繁に悪口を言うのが癖になるので、人間としての評価は下がる一方。

この癖を改善させないと、自分自身を成長させられないためいつまでも営業成績も伸びません。では、どのようにすれば他責思考を改善できるのか、具体的なポイントを2つ紹介します。

プライドを捨てる

「自分が正しい」と勘違いさせるプライドはその人の成長を妨げます。そのため、稼げる営業マンになりたいのであればプライドを捨てましょう。

プライドが高いと、自分が決めたことや正しいと思ったこと以外を受け入れられなくなります。結果的に失敗をしても、「自分のミスではなく周りのミスだ」と言って責任逃れをしてしまうため、周りの反感を買う上に自分自身を成長させることもできません。

「だって」「でも」など自分のミスから言い逃れをすることが癖になっている方は、まず自分のミスを受け入れられるようになりましょう。そこから何が悪かったのかという改善点を見出せられれば自然と結果はついてきます。

自分が変わる努力をする

なんでも人のせいにしてしまう他責思考の方は、周りに変わることを求めてしまいます。しかし、他人がどんなに変わることを求めても、自分が変わろうとしなければ変われません。

そのため、他責思考の傾向がある方は自分に何が悪いかはっきりしていなくてもとにかく変わろうとする気持ちを持つことが大切です。具体的にどこを変えれば良いか悩んだら、家族や友人、同僚に相談するなどすれば解決の糸口が見えてきます。

  • 自分のミスを認めること
  • まずは「ごめんなさい」と言ってみること
  • 言い訳をしないこと

他責思考の方はこれらの行為がとても苦手なので、最初はストレスが溜まるでしょう。しかし、これらが当たり前にできるようになると周りも本音で接してくれるようになってきます。

心を開かなかったお客様も徐々に警戒心を解いてくれるようになるため、営業成績にも良い兆しが見えてくるでしょう。

まとめ

営業の成績が悪いと誰だって自信をなくすものです。特に、周りの同僚は成績が伸びているのに自分だけ伸びないという状況だと「私に営業は向いてない」と思ってしまうのも無理はありません。

しかし、営業に向いてないと感じる方には様々な共通点があり、改善させることで今までよりスムーズな営業ができるようになる可能性もあります。そのため、今成績が伸び悩んでいる方はぜひ上記で紹介した改善方法を実践してみてください。

営業に向いてない人の特徴を改善させていくことで、仕事のやりやすさや結果が良い方向へと伸びていきます。営業の仕事に自信が持てるよう、少しずつでも変わっていく努力をしてみましょう。

営業カテゴリの最新記事