介護福祉士の転職を成功させるには?いい転職先の見つけ方やおすすめ転職サイトを紹介

介護福祉士の転職を成功させるには?いい転職先の見つけ方やおすすめ転職サイトを紹介

少子高齢化に伴い、介護福祉士の需要はますます上昇しています。求人数も多いため、介護福祉士の資格を持つ方の中には選び放題だと手離しで喜んでいる方もいるでしょう。

しかし、事業所によって労働環境や雇用条件は様々なので、適切な転職先選びをしなければ後々後悔する恐れもあります。

「こんなはずじゃなかったのに!」

という声がある一方で、

「転職してよかった!」

と大喜びしている方も。この明暗を分けるのが、正しい転職先選びができているか否かなのです。そこで今回は、介護福祉士の転職に成功するために見ておくべきポイントや、おすすめの転職方法などを紹介します。

介護福祉士の転職で失敗してしまう人の特徴

悲しい, 男, 落ち込ん, 悲しみ, 背景, 若, 人, ホワイト, うつ病, ブラック, ヘッド, 男性

介護福祉士の資格を活かして転職をした方の中には、入社してから後悔したという声も多々あります。転職前の事業所より高待遇を求めて転職をしたにもかかわらず、状況が悪化しては元も子もありませんよね。

では、介護福祉士の転職で失敗してしまう方にはどのような特徴があるのでしょうか。誰にでも起こり得るケースなので、これから転職を考えている介護福祉士の方は要チェックです。

資格手当の有無をチェックしていなかった

介護福祉士は国家資格のため、持っていれば資格手当がもらえて当然だと思ってしまう方が多いです。そのため求人情報で資格手当の有無をきちんとチェックしておらず、入社してからもらえなかったと後悔するケースが多々見られます。

確かに、介護福祉士は介護業界において非常に重宝される資格です。転職の際、資格を持っていない方よりも確実に有利な立場にいられるでしょう。

しかし、待遇として資格手当が支給されるかどうかはもちろん、金額も事業所によって様々です。そのため、資格手当の有無や金額を事前に確認しておかないことで失敗を経験する方はたくさんいます。

「正社員登用」を鵜呑みにした

「いずれは正社員として頑張ってください。」

そう言われて入社したはずなのに、いつまでもパート勤務から正社員に上がれないというケースもあります。従業員の雇用形態の変更は事業所の運営状況にもよるので、正社員に上げてあげたくてもできない場合も珍しくありません。

そのため、正社員として働きたいのであれば事業所のことをしっかりリサーチしておく必要があります。しかし、これを怠った上に「正社員登用」という言葉を鵜呑みにした方は、いつまでも正社員になれず転職に失敗したと感じてしまうようです。

人手不足が深刻なところに入ってしまった

人手不足なところは、入社してすぐに即戦力として働きやすいメリットがある反面、休みが取りづらいというデメリットがあります。そのため、プライベートと仕事を両立させたいという方にとっては、転職に後悔するポイントの1つと言えるでしょう。

人手不足な事業所は、猫の手も借りたいところ。介護福祉士の資格を持った転職希望者が応募してくれれば、即採用を決める場合もあります。これは、早く転職先を決めたい介護福祉士にとっても嬉しいことなので、お互いwin-winです。

しかし、転職先が決まったのも束の間、過酷な労働を強いられてしまい「転職先を間違えた」と後悔する方も多く見られます。

介護福祉士の転職で成功する人の特徴

転職して失敗したとうなだれる方がいる一方で、転職して正解だったと大喜びしている介護福祉士の方もいます。以前の職場より生き生きと働ける上に、待遇も良くなったという成功事例を聞くと羨ましい限りですよね。

では、介護福祉士の転職で成功した方はどのような方なのか、その特徴をいくつか解説します。

関連施設の多さをチェックした

安定した働き方ができるよう、事前に事業所が保有する関連施設をリサーチしている方が多いです。

関連施設が多いと、希望した施設で働かせてもらえなかったり、仕事を覚えたのも束の間、突然人事異動させられたりする恐れがあります。

新しいことに挑戦するのが好きな方であれば良いかもしれませんが、一ヶ所で安定して働きたい方にとっては施設を転々とさせられるのは大変です。そのため、転職前から異動の有無やどの程度勤務先施設の希望が通るかなどをしっかりリサーチすることが成功への第一歩と言えます。

事前に施設見学をした

応募するか否かは置いておいて、転職成功者の多くが気になる事業所を見学しています。

施設の雰囲気やスタッフの人当たりの良さなどは、求人情報からでは分かりません。実際に足を運んでみることで自分が働いている姿が想像できるか、楽しく働けそうかなどが判断できるのです。

事業所をきちんと見極める上での重要な参考資料となるため、遠慮せず見学を希望できる介護福祉士は転職を成功させている傾向があります。

介護福祉士がいい転職先を探す方法

介護福祉士が自分に合った転職先を探すためには、いくつかの方法があります。せっかく介護福祉士の資格を活かした仕事をするのですから、転職先選びに失敗しないようぜひ参考にしてください。

口コミを参考にする

評価します, メジャー, 評価, ビジネス, アナリティクス

事業所を見学してみて判断するのもありですが、なかなか時間がなくて行けないという方は口コミを参考にするのがおすすめです。実際に働いている方の口コミは大きな参考資料になりますし、利用者家族の口コミがあれば施設全体の評判も分かります。

ただ応募している事業所を片っ端から受けても失敗するだけなので、きちんと応募先を見極めるためにもいろんな方の意見を参考にしましょう。

介護求人に強い転職サイトを利用する

ノートブック, 仕事, 女の子, コンピュータ, 女性, ビジネス, 作業スペース, オフィス, タッチパッド

介護業界に強い転職サイトであれば人気求人をたくさん扱っているため、自分が理想とする転職先に出会える可能性がぐんと上がります。一般的な求人サイトでは非公開となっている求人を見られる場合もあるため、介護福祉士として働きたいと思っている方は必見です。

たくさんある介護求人の中でも、特におすすめしたい転職サイトを次章で紹介しています。介護業界に絞って仕事を探したい方は、こちらもチェックしてみてください。

介護福祉士におすすめの転職サイト

介護福祉士の募集を探すのであれば、一般的な求人サイトより介護業界に特化した求人サイトの方が効率よく仕事を探せるでしょう。

そこでここからは、介護福祉士におすすめしたい転職サイトを紹介します。どこも介護系求人の中でも人気が高い転職サイトなので、きっと自分に合った求人が見つかるはずです。

なかなかいい転職先と出会えないとお悩みの方は、ぜひこれらの転職サイトを活用してみてください。

かいご畑

かいご畑は、労働派遣事業と職業紹介事業の2つの認可を受けているサービスです。

そのため、かいご畑から派遣社員として働く道と、事業所と直接契約をして社員になる道の二択から働き方を選択できます。

また、専任コーディネーターがしっかりアドバイスをしてくれるので、転職先探しが思うように進まないという方も安心です。

かいご畑に関する詳しい情報は下記の記事でも紹介されているため、ぜひこちらも参考にしてください。

かいご畑の評判を知りたい!「介護専門就職支援センター」かいご畑ってどんなもの?

かいご畑の公式サイトはこちらから

介護求人ナビ

介護福祉士だけでなく、児童指導員や栄養士など幅広い介護関連職の求人を検索できるサイトです。

情報量や求人数は業界内でもトップと言われ、たくさんの求人から転職先を探したい方に最適です。

また、求職者が面接に行ってみた時の感想が「面接レポート」に掲載されているため、これから採用試験を受ける方の参考資料にもなります。

「介護求人ナビ」の公式サイトはこちら

まとめ

介護福祉士の資格は、転職時に有利に働きます。資格保有者を求める事業所も多いため、介護福祉士にとっては非常に選択肢が多い転職となるでしょう。しかし、選択肢が多いからこそ自分に合った事業所をきちんと見極めることが大切です。

今回は、介護福祉士がどのような転職をすると失敗・成功するのかという特徴から、いい転職先の見つけ方までを紹介しました。

「今の職場よりもっと条件がいいところに転職したい!」

そんな方は、ぜひ上記の内容を参考に転職活動を行ってください。転職に成功する方の特徴を参考にすれば、きっと自分にあった理想的な転職先と出会えるはずです。

介護カテゴリの最新記事