【読書習慣化】Kindle Unlimitedのメリット|登録・解約方法も解説

Amazonが提供する「Kindle」という電子書籍サービスについて、言葉自体は聞いたことがある方も多いと思います。

Kindleのサービスの1つである「Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)」をご存じですか?

マンガ・小説・雑誌・ビジネス書など多数のジャンルを200万冊以上取り扱う、定額読み放題の電子書籍サービスです。

  • 電子書籍に興味がある方
  • スキマ時間を有効活用したい方
  • 読書が好きな方

この記事では、Kindle Unlimitedの特徴や魅力だけでなく、登録・解約の手順のご紹介しています。

僕はKindle Unlimitedを利用してから、今まで読まなかったような本に触れて、とても楽しんだり勉強になったりしています。

あなたもぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

Kindle Unlimitedの特徴

Kindle Unlimitedの特徴

Kindle Unlimitedは、Amazonが提供する月額制の「読み放題電子書籍サービス」です。

その特徴をみていきましょう。

200万冊以上が読み放題

ビジネス書から雑誌、マンガまでさまざまなジャンルの書籍200万札以上を取り揃えている豊富さが魅力です。

ネットに情報があふれている時代だからこそ、本を読むことで自分の知見を広げていくことは、とても意義のあることだと思います。

Webの文章には書けないような超具体的なストーリーや、その人が普段から感じていることを全て詰め込むことができるのは、本ならではですよね。

どれだけ読んでも月額980円

対象の本であれば980円で読み放題、しかも初回は30日間無料で体験できます。

コスパ良し、気軽さ良しのサービスです。

Kindle Unlimitedを無料体験する

Kindle Unlimitedのメリット

Kindle Unlimitedのメリット

荷物にならない

Kindle Unlimitedでは、スマホ・タブレットなどの端末アプリ内に本を保存します。

読書のために紙の本を持ち歩く必要がありません。紙の本の重さって意外とばかにならないのでありがたいです。

カバンの中のスペースもスッキリするので一石二鳥です。

本を読む習慣がつきやすい

毎月このKindle Unlimitedにお金を払っていると思うと、電車の中でも「本を読まなきゃ」と言う気持ちになります。

結果、読書の習慣がつきやすいです。

僕自身、通勤電車の中で携帯を開いたときに、スマホアプリではなくKindleを開くことが増えました。

気軽に新しいジャンルに手を出せる

過去のベストセラーや人気のマンガでも、読み放題の対象となっていれば無料で読むことができます。

今までは触れてこなかったジャンルの本も「とりあえず無料だから」と気軽に手を出せます。

1,000円とか2,000円で買った本が自分に合わなかった時、とても損した気分になったり、お金を出したのだからと無理して読んだりしたことはありませんか?

Kindle Unlimitedは、本が合わなければアンインストールすればいいだけなので「新しく本を買って損した」というリスクが少ないサービスです。

すぐに毎月の元がとれる

読み放題の対象の本は何冊読んでも、月額980円です、これ以上の費用がかかることはありません。

ビジネス書であれば1冊、漫画であれば2冊から3冊読めば、すぐに元が取れます。

いつでも辞めていいし、いつでも戻ってきてOK

よくある契約期間の縛りなどは発生せず、いつでも解約してOKです。

よくある月額サービスだと「あと何日間サービスを利用できますが本当に解約しても大丈夫ですか?」みたいなポップアップが出てきて、うっとうしいこともありますよね。

Kindle Unlimitedは、仮に登録した翌日に解約したとしてもペナルティはなく、契約期間内はちろん読み放題が適用されます。

もし、一度解約したとしても、また使おうと思えば気軽に再開できる気軽さも魅力ですね。

Kindle Unlimitedを無料体験する

Kindle Unlimitedのちょっと残業な点

Kindle Unlimitedのちょっと残業な点

基本的にメリットしかないKindle Unlimitedですが、ちょっと惜しいところもあります。

同時に保存できるのは10冊まで

同時に読み放題のライブラリに保存できる冊数は、10冊までと決まっています。

そのため、10冊保存した状態で10冊目をダウンロードしようとすると、既存の本を1冊アンインストールする必要があります。

読み放題の対象本が入れ替わることがある

本によっては、いつまでもKindle Unlimitedの読み放題の対象本であるとは限りません。

時間が経てば読み放題の対象から外れて、購入しなければいけなくなる可能性があります。

そのため、読みたい本が対象である場合は、早めにダウンロードしておくことをおすすめします。

最新の人気本は対象でないことが多い

読み放題の対象本は200万冊以上と豊富ですが、最新の人気マンガやビジネス本は対象でないことの方が多いです。

Kindle Unlimitedの登録方法は?

Kindle Unlimitedに登録する方法をみていきましょう。

専用サイトにアクセス

まずはGoogleやSafariなどのブラウザから、Kindle Unlimitedのサイトにアクセスします。

登録ページが表示されたら「サインイン」のボタンを押します。Amazonのアカウントとパスワードを入力してログインしましょう。

もしまだAmazonアカウントを持っていない場合は「Amazonの新しいアカウント作成」ボタンを押してアカウント作成を行ってください。

「30日間の無料体験」ボタンを押します。

あとは支払い方法を登録すればOK!支払い方法が登録されていない場合は登録しましょう。

  • クレジットカードまたはデビットカード
  • Paidy翌月払い
  • 携帯決済(ドコモd払い・au・Softbank)

すでにAmazonアカウントで支払い方法を設定済みであれば、この画面は省略されます。

あとは手持ちのスマホやKindle機器にアプリをダウンロードするだけです。

Kindle

Kindle

AMZN Mobile LLC無料posted withアプリーチ

Kindle Unlimitedの解約はワンクリックで完了

30日間の無料体験が終わった後は、月額980円の支払いが発生します。

もし、Kindle Unlimitedを退会したくなった場合は、忘れずに手続きをしておきましょう。

Kindle Unlimitedを解約する場合は、ブラウザでAmazonにログインします。

AmazonアプリやKindleアプリからは、退会手続きができないので注意しましょう。

解約の手続き自体はとても簡単です。まずKindle Unlimitedの「マイページ」に入ります。

「アカウントサービス→メンバーシップおよび項目」を押して画面を移動し「Kindle Unlimited会員登録をキャンセル」ボタンを押します。そして「メンバーシップを終了する」を押せば解約完了です。翌月以降の支払いもストップします。

有効期間が終了すると、Kindle Unlimitedでダウンロードした本は読めなくなってしまうので、注意が必要です。

Kindle Unlimitedで読書を習慣化しよう

Kindle Unlimitedで読書を習慣化しよう

ここまでKindle Unlimitedについてご説明してきました。

200万冊を超える冊数と豊富なジャンルを取り揃えており、いつでもどこでも好きなところで読めるので、読書の習慣をつけたい方にもお勧めです。

どれだけ読んでも月額980円なので、すぐに元がとれるコスパも魅力です。

本を読みたいなら、基本的にデメリットが無いサービスなので、ぜひ使ってみてください。

Kindle Unlimitedを無料体験する