Kindle Unlimitedの解約方法|いつでも再開OKなので安心

「Kindle Unlimitedしばらく使ってないから、いったん解約しようと思うけど、どこから解約すればいいの…?」

今回はこういった疑問にお答えしていきます。

Kindle Unlimitedの解約方法

Kindle Unlimitedは30日間の無料体験期間が終了すると、月額980円の課金が始まります。

そのため退会したい場合は忘れずに手続きをしておきましょう。

ここから、Kindle Unlimitedの解約手順を紹介していきます。

Kindle Unlimitedの解約手続きの手順

Kindle Unlimitedを解約する場合は、SafariやGoogle Chromeなどのブラウザからログインする必要があります。

AmazonアプリやKindleアプリからは、退会の手続きができない点には注意しましょう。

解約の手続き自体は難しい事はありません。

まず、Kindle Unlimitedの「マイページ」に入ります。

「アカウントサービス→メンバーシップおよび購読」を押して画面を切り替えます。

Kindle Unlimitedのマイページ

「Kindle Unlimitedの設定」→「Kindle Unlimited会員登録をキャンセル」ボタンを押しましょう。

そして「メンバーシップを終了する」を押せば解約手続きの画面に遷移できます。

ここから退会手続きを行えば、翌月以降の支払いをストップできます。

Kindle Unlimited解約時の注意点

Kindle Unlimitedの解約手続きをしても、有効期間内であればダウンロードした本を読む事ができますし、新たにダウンロードもできます。

しかし、有効期間が終了すると、Kindle Unlimitedでダウンロードした本はライブラリから削除され、読めなくなってしまうので注意が必要です。

【いつでも再開OK】継続を迷っているときはとりあえず解約

もし、Kindle Unlimitedを継続するかちょっと迷っている場合は、とりあえず解約しておく方が良いかと思います。

月額980円とはいえ「解約するのを忘れていて気づいたら数カ月経ってた」みたいな方が損ですからね。

Kindle Unlimitedは、退会したあとに再開する事は全然OKですし、特に退会に関してペナルティもないので、迷ったらいったん解約でいいと思います。

解約手続きのキャンセルも可能

上記の補足として、退会手続きをした後でも、やっぱり継続したいと思えば「退会手続きのキャンセル」も可能です。

解約手続き後は、解約のボタンが「Kindle Unlimited会員登録を継続」という表示に変わっています。

このボタンを押すことで解約手続きのキャンセルをしてサービスを継続できます。

なんだか、他のサービスにはない柔軟性がありますね。

まとめ

Kindle Unlimitedの解約は、マイページから簡単に手続きができます。

アプリではなくブラウザ経由でないと手続きができない点には注意が必要ですよ。

でも、たまにある日本のサイトみたいに「いやどこに解約ボタンあるねん」といらいらしにくいので、Amazonさすがって勝手に思ってます。笑

もしまだ、Kindle Unlimitedを試したことがない方も、初回なら30日間無料でサービスを利用できるので、ぜひ試してみてください。

Kindle Unlimitedを無料体験する