転職エージェントを複数利用するメリット・デメリットとおすすめ転職エージェント3選

転職エージェントを複数利用するメリット・デメリットとおすすめ転職エージェント3選

転職エージェントは転職活動をサポートしてくれると人気のサービスです。転職のプロが求人を紹介してくれたり面接対策を行ってくれたりするので、効率よく転職活動を進めたい方を中心に人気を集めています。

ただ、求人数や得意とする業界は転職エージェントによって異なります。より効率を上げるためにも「複数のサービスを同時利用した方が良いのでは?」悩んでいる方もいるでしょう。

そこで今回は、転職エージェントに複数利用するメリットとデメリットをお伝えします。複数利用を検討中の方は、ぜひ参考にしてください。

転職エージェントを複数利用・登録するメリット

転職エージェントの複数利用は決して珍しいことではありません。特に禁止されている行為ではないので、少しでも早く転職先を見つけようと複数利用している方はたくさんいます。

では、なぜ転職エージェントの複数利用をする方が多いのか、具体的なメリットを見てみましょう。

たくさんの求人情報を得られる

ファイル, 紙, オフィス, 書類, スタック, 仕事, データ, フォルダー, 杭, 整理する, ストレージ

転職エージェントを複数利用するということは、それぞれが扱う求人情報を閲覧できるということ。必然的に情報量が増えるので、いろんな求人を比較しながら応募先を決められます。

実際に、転職エージェントでどれだけ求人数に違いがあるのかを比較すると下記の通りです。

転職エージェント求人数
リクルートエージェント非公開で20万件以上
DODA10万件以上
パソナキャリア4万件以上

上記3つはどれも有名な転職エージェントですが、求人数にかなりの差があることが分かります。

もちろん、求人数が多ければ必ず理想的な転職先が見つかるというわけではありません。しかし、選択肢が多い分より自分に合った転職先がどこかを吟味して選べるため、後悔のない転職活動がしやすいと言えます。

様々なアドバイスをもらえる

女性, チームワーク, チーム, ビジネス, 人, オフィス, 働く女性, 女性ビジネス

転職エージェントを複数利用をすれば、それだけたくさんのキャリアアドバイザーと接する機会が増えるためいろんなアドバイスを受けられます。

転職エージェントの最大の魅力はキャリアアドバイザーがいること。転職市場を知り尽くしたプロが採用を勝ち取るためのアドバイスをしてくれるため、求職者にとって心強い味方となるでしょう。

ただ、キャリアアドバイザーは専門知識だけでなく今まで自分が経験してきたことをもとにアドバイスする場合もあるため、人によって言うことが変わる可能性があります。1人の意見を鵜呑みにして転職がうまくいかなかったとなれば困るのは求職者の方です。

そのため、転職エージェントを複数利用していろんなキャリアアドバイザーから意見をもらえば、総合的に判断して最善の選択ができます。

転職エージェントを複数利用・登録するデメリット

前章で転職エージェントを複数利用するメリットをお伝えしました。たくさんの求人情報を閲覧できたり、キャリアアドバイザーからいろんな意見をもらって効果的な転職活動ができるのは確かに魅力的ですよね。

しかし、多くのメリットがある反面気をつけなければならないこともあります。そこでここからは、転職エージェントを複数利用することで生じるデメリットを見てみましょう。

スケジュール管理が大変

紙, 組成, ビジネス, 書き込み, ドキュメント, 議題, アメリカ, 予定, 手配, カレンダー, 白人

転職エージェントでの面談や応募先に提出する書類の準備、面接などやらなければならないことがたくさんあるためスケジュール管理が大変です。

転職エージェントでは、スケジュール管理もキャリアアドバイザーが行ってくれる場合があります。面接日を調整し、複数企業を同時応募してもブッキングしないよう配慮してくれるのです。

しかし、転職エージェントを複数利用していると、他のサービスでどのようなスケジュールが組まれているかが分からないためブッキング回避が難しくなります。

「A社とB社の面接日が被ってしまった!」

となることも十分考えられるので、転職エージェントを複数利用するのであれば自分自身でもしっかりスケジュール管理をしなければなりません。

転職活動の効率が悪くなる場合がある

求人情報を紹介してもらったり面接対策を行ったりなど、転職エージェントでは何度か面談が行われます。複数利用をしているとそれぞれの面談に顔を出さなければならないので、思うように話が進まず効率が悪くなる可能性があるのです。

転職活動に専念できる環境の方であれば、複数利用によって面談回数が多くても時間がある分話を進められるでしょう。ただ、在職中で休日しか転職活動ができないなど時間に余裕がない方は、面談時間の確保が難しくなります。

「今週末はA社に行って、来週末はB社に行こう」

とするくらいであれば、2週続けてA社に行った方が話が進んで効率が良いですよね。

このように、無理に複数利用することで逆に効率が悪くなってしまう恐れがあるため、果たして複数利用が本当に必要かどうかを考えておくことが大切です。

転職エージェントを複数使い分ける方法

転職エージェントを複数利用することでメリットを得たいのであれば、デメリットをしっかりカバーしなければなりません。しかし、具体的にどのようにすればデメリットをカバーできるのか分からないという方もいるでしょう。

そこでここからは、複数の転職エージェントを上手に使い分けるためにやるべきことを紹介します。

複数利用していることをキャリアアドバイザーに言っておく

ビジネス, 大人, 人, オフィス, 屋内で, アメリカ, 分析, 注意深く, 金髪, ボード

転職エージェントの複数利用には、予定のブッキングや同時応募によるトラブルなどの危険が潜んでいます。トラブルを未然に防ぐためにも、担当キャリアアドバイザーに複数利用していることを打ち明けておくことが大切です。

「他の転職エージェントと掛け持ちをしているのですが・・・」

と打ち明けるのは、禁止行為ではないと分かっていてもなんとなくバツが悪くて言いづらい方もいるでしょう。

しかし、転職エージェントの複数利用は珍しいことではないため、キャリアアドバイザーも掛け持ちしていることを知ったところで驚きません。むしろ、早く転職先を見つけたいのであれば複数利用をすべきと考える方もいるほどです。

そのため、言いづらいと思わずはっきりと複数利用の事実を言っておくことが懸命です。他社での選考の進み具合を加味してアドバイスをくれたり、他社に負けないようより有益な情報提供をしてくれたりといろんなメリットも期待できますよ。

情報・スケジュール管理を徹底する

議題, 本, カレンダー, 毎日, 毎日プランナー, 日付, イベント, 充填, 女の子, 手, 情報, メモ

スムーズに転職活動を進めるためにも、情報やスケジュールの管理は徹底的に行ってください。

複数利用していると、それぞれで得られる情報も異なります。そのため、頭の中が混乱しないようどの転職エージェントがどのような企業を提案してきたのかなどをきちんとメモしておくことが大切です。

また、スケジュール管理の怠惰は必要書類の準備が間に合わなかったり面接日を忘れてしまったりなど様々なトラブルの原因となります。転職エージェントからも企業からも信用を失いかねないので、スケジュール管理は特にしっかり行いましょう。

複数利用におすすめの転職エージェント

複数利用と言っても、せいぜい2~3社程度。気になった転職エージェント全部を利用するというわけにはいかないため、ある程度候補を絞らなくてはなりません。

では、複数利用にはどの転職エージェントを使うと良いのか、おすすめのサービスを3つ紹介します。

DODA

引用:求人を紹介してもらう |転職ならdoda(デューダ)

10万件以上の豊富な求人数を誇るDODA。大手転職エージェントであるDODAだからこそ保有している独占求人もあるので、他では見られない求人情報を見つけることも可能です。

他の転職エージェントとDODAを複数利用すれば、独占求人も逃すことなくたくさんの求人情報を得られるでしょう。

また、DODAには登録した経歴を見て興味を持った企業からオファーが届くスカウトサービスがあるため、いろんな企業との出会いも期待できます。

「DODA」公式サイトはこちら

マイナビエージェント

引用:転職エージェントならマイナビエージェント|求人・転職サイト

20代の若い世代からの支持が厚いマイナビエージェント。大手、中小企業と幅広い求人を扱っており、知名度も高いため安心感があると好評です。

第二新卒や20代の転職に強い印象がある転職エージェントなので、30代以降のハイキャリアを望む方だと提案数が減ってしまう恐れがあります。それを補うためにも、複数利用にちょうどいい転職エージェントと言えるでしょう。

「マイナビエージェント」公式サイトはこちら

リクルートエージェント

引用:転職エージェントなら転職支援実績No.1のリクルートエージェント

他社に比べて圧倒的な求人数を誇るのがリクルートエージェント。なんと、非公開求人だけで20万件以上あるため、公開求人と合わせるとさらに多くの求人数を保有していることになります。

これだけたくさんの求人数があるので、広い視野で仕事探しができますね。

また、サポート体制がしっかりしているところもおすすめ理由の1つ。様々なニーズの転職希望者に対応できる柔軟さがあるため、複数利用で大変な方もしっかりサポートしてくれるでしょう。

「リクルートエージェント」公式サイトはこちら

まとめ

転職エージェントが扱う求人情報は様々なので、転職先の選択肢を増やすためにも転職エージェントの複数利用はメリットが大きいと言えます。

ただ、情報整理やスケジュール管理など大変な面も多いです。応募先が被ってしまったり面談が多くてしんどくなったりと様々な問題も出てきます。

そのため、転職エージェントを複数利用するのであれば、どのように転職活動を進めていくかをきちんと計画立てておくことが大切です。無理のないよう上手に利用すれば、スピーディーに次の仕事探しができるでしょう。

転職エージェントカテゴリの最新記事