転職エージェントの賢い使い方を伝授!活用方法別におすすめ転職エージェントをご紹介

転職エージェントの賢い使い方を伝授!活用方法別におすすめ転職エージェントをご紹介

求人紹介や面接対策など、様々な方向から転職をサポートしてくれる転職エージェント。

スタッフは転職のプロばかりなので非常に心強いですが、実は転職エージェントは使い方次第で良くも悪くも転ぶ諸刃の剣と言えます。

せっかく転職エージェントを利用して転職活動をするのであれば、上手に利用して良い方向で転職活動を進めたいですよね。

そこで今回は、転職を成功させるために知っておくべき転職エージェントの賢い使い方と、活用方法別におすすめのサービスを紹介します。

これから転職エージェントを利用しようかと検討中の方は、ぜひ参考にしてください。

転職エージェントの賢い使い方、活用方法

「募集中の求人情報だけ見て後のことは自分でやりたい」

「自分にどんな職種が合っているのか相談したい」

このように、転職エージェントの活用方法は人によって様々です。中には、1ヶ所の転職エージェントに頼るのではなく複数の転職エージェントを同時利用しているという器用な方もいます。

ただ、転職エージェントにはいろんなサービスがあるため、賢い使い方をしなければメリットを感じにくいことも。

そこでここからは、「転職エージェントを使って良かった!」という転職者がどのような活用方法を行ったのかを紹介します。転職エージェントの活用方法に悩んでいる方は必見です。

非公開求人を紹介してもらう

転職エージェントには、公開求人と違う『非公開求人』というものがあります。別名『独占求人』とも呼ばれ、転職エージェントで面談を行い、ヒアリングした内容をもとに最適な非公開求人を紹介してもらえることが多いです。一般的に出回っていない求人を紹介してもらえるため、登録者はより多くの求人を吟味できるでしょう。

非公開求人の中には人気の大手企業や高待遇求人などがあります。ハローワークなど一般的な求人検索サービスでは扱っておらず、企業と信頼関係を築けている一部の転職エージェントしかその情報を握っていません。

非公開求人をどれだけ持っているかは転職エージェントによって異なりますが、自力では探し出せない人気求人を扱っている可能性があるなら活用しない手はないですよね。

ただ、スタッフも求職者の適性を見て最適な求人を紹介するので、必ず非公開求人を紹介してくれるとは限りません。非公開求人も紹介してもらいたいのであれば、自分から「適性に合う非公開求人はありませんか?」と聞いてみましょう。

面接対策、ESの添削をしてもらう

ミス, 編集, 学校, 赤インク, 訂正, 初稿, 先生, 赤ペン, マーク, 英語, クラス

採用に近づくためには、企業がどのような人材を求めているかを的確に理解し、自分が適任だとアピールしなければなりません。アピール不足を防ぐためにも、しっかりと書類の添削や面接対策を講じる必要があります。

そんな時に頼りになるのが転職エージェント。転職エージェントのスタッフは転職のプロで採用を勝ち取るためのノウハウを持っているため、採用担当者に好印象を与えられるよう効果的な書類の添削や面接対策を行ってくれます。

書類の準備や面接対策を自力で行うと、どうしても自分本位の出来にしかなりません。

例えば、見やすい履歴書・職務経歴書を書けたと思っても、客観的に見ると文章が分かりにくいことがあります。面接においては、自分が100点満点の身だしなみだと思ったものが周りの人から見ると不衛生と捉えられてしまうことも。

このように、自分で気づきにくい改善点を指摘してくれるのも転職エージェントのメリットです。採用率を高めるためにも、サポートを十二分に活用しましょう。

年収アップを狙う

達成, バー, ビジネス, グラフ, コイン, 図, 収益, ファイナンス, 利得, 成長, 金利, お金

転職エージェントは、求職者の希望と適性の有無から最適な求人を紹介してくれます。「年収を上げたい」と言えば給料面を重視しておすすめ求人を探してくれるため、前職より年収をアップあせることが可能です。

また、入社条件を交渉してくれる転職エージェントもあり、通常応募より高待遇で入社できることがあります。

自分で転職活動をする場合、採用されるために自分の希望を素直に伝えられない方が多いです。

確かに、

「資格保有者で経験もあるから給料を上げて欲しい!」

なんて言ってしまうとマイナスイメージを与えそうで言いづらいですよね。

しかし、転職エージェントは客観的な見方で企業と話をしてくれるので、給料のことも企業側にマイナスイメージを与えることなく交渉できます。

前職と変わらない給与条件の求人でも、スタッフが交渉してくれたおかげで年収アップに成功したという事例も少なくありません。採用だけに囚われるのではなく、少しでも良い条件で雇ってもらえるよう積極的に交渉を希望しましょう。

活用方法別!おすすめの転職エージェント①非公開求人編

少しでもたくさんの求人を見たいなら、非公開求人の多さにも着目したいところ。今まで見たことがない高待遇求人と出会えるチャンスなので、非公開求人目当てで転職エージェントを利用するなら見逃せないポイントですよね。

では、非公開求人を多く扱う転職エージェントにはどのようなところがあるのか、おすすめのサービスを紹介します。

リクルートエージェント

引用:転職エージェントなら転職支援実績No.1のリクルートエージェント

業界最大級の求人数を誇るのがリクルートエージェントです。2019年11月16日段階で扱っている求人数は、公開求人で151,945件、非公開求人で166,782件。

なんと、30万件を優に超える求人数を保有しているのです。求人数が数千~数万件という他社サービスと比べると圧倒的に多いことが分かりますね。

もちろん、ただ求人数が多いだけではありません。経験豊富なスタッフがしっかりと適性に合った求人を提案してくれるため、膨大な求人の中でも理想的な企業を見つけやすいです。

リクルートエージェントこちらから

DODA

引用:dodaエージェントサービス |転職ならdoda(デューダ)

非公開求人を含め、10万件以上の求人を保有しているDODAも人気転職エージェントの1つです。豊富な求人の中から求職者にぴったりの求人を探し出してくれるので、安心して仕事探しをお任せできますね。

また、キャリアアドバイザーとは別に採用プロジェクト担当というスタッフがいるのもDODAの特徴です。

企業の採用担当者と直接やり取りをしているため企業側の事情に精通しており、求人票にはない有益な情報で求職者をサポートしてくれます。

DODAはこちらから

活用方法別!おすすめの転職エージェント②面接対策編

理想的な求人を見つけても、採用されるような書類の準備や面接ができなければ意味がありません。そこでここからは、採用試験対策に力を入れている転職エージェントを紹介します。

マイナビエージェント

引用:転職エージェントならマイナビエージェント|求人・転職サイト

20代から圧倒的な支持を獲得しているのがマイナビエージェント。就活に関するコンテンツも展開しているため、転職者だけでなく就活生からも知られる知名度抜群のサービスです。

マイナビエージェントは多くの企業とのパイプを持っているため、企業の採用担当者に刺さるアピールポイントを熟知しています。

効果的な自己PRができるので、履歴書などの書類も面接も完成度が高いものにでき周りのライバルに差をつけられるでしょう。

マイナビエージェントはこちらから

ワークポート

ワークポートに在籍しているスタッフは、みんな業界・職種専門のスペシャリスト。昔エンジニアだった方がIT系の支援をしているなどがあるため、専門性の高いアドバイスをもらえます。

そんなワークポートの魅力は、専門的な意見から書類の添削や面接対策を行ってくれるところです。

採用担当者により刺さりやすい内容に仕上げられるため、採用に有利なものを準備できます。

ワークポートはこちらから

活用方法別!おすすめの転職エージェント③年収アップ編

「転職して良かった!」と満足感を得るためには、少しでも前職より好条件で採用されることが大切です。満足度が高い転職ができれば新しい職場に定着しやすいので、安定して仕事ができます。

そこでここからは、高い確率で年収アップが期待できる転職エージェントにはどのようなところがあるかを見てみましょう。

パソナキャリア

引用:【パソナキャリア】転職エージェントが支援する転職・求人情報サイト

4万件以上の求人を持つパソナキャリアは、誰もが知る大手企業と太いパイプでつながっている転職エージェントです。そのため、求人の中には有名な企業が多く名を連ねています。

そんなパソナキャリアの転職後年収アップ率は67.1%。大手企業の求人を扱っていること、スタッフの提案力・交渉力が高いことなどが年収アップにつながっています。

半数以上の方が前職より年収がアップしているので、給料面で現在の職場に不満を抱いている方にはかなり魅力的ですよね。

パソナキャリアはこちらから

type転職エージェント

リクナビNEXTにおける総合満足度ランキングで第2位を獲得した実績を持つtype転職エージェント。その年収アップ率はなんと70%を超えており、いかに質が良い求人を紹介してくれるか、交渉力があるかが窺えます。

また、転職を円滑に進めるためには前職を円満に退職することも必要です。まだ在職中だけど転職活動をしているという方に対しては、内定が決まってから円満退職するためのノウハウも教えてくれます。

type転職エージェントはこちら

まとめ

転職エージェントには様々なサービスがありますが、すべてを活用することが正解ではありません。

自分にとってどのようなサービスが必要なのか、どうすれば有利に転職が進められるのかを考えた上で賢い使い方をすることが大切です。

今回は、転職エージェントを利用するにあたりおすすめの使い方と活用方法に合った転職エージェントを紹介しました。

上記を参考に転職エージェントを賢く使い、効率よく理想的な企業に出会えるよう自分に合った転職エージェントを活用しましょう。

転職エージェントカテゴリの最新記事