Webライターとは?具体的な仕事内容や年収について徹底解説

Webライターとは?具体的な仕事内容や年収について徹底解説

Web上で様々な情報が得られる今日では、その情報を記事にまとめるWebライターの需要が益々増えています。中には、タレントのようにテレビや雑誌に登場するWebライターもいるため、一種の憧れを抱く方も多いでしょう。

しかし、Webライターと一言に言っても、人によって活躍の場は様々です。そこで今回は、Webライターに興味がある、あるいはなりたいと思っている方のために、Webライター歴4年以上の筆者がWebライターとは何かを徹底解説します。

仕事内容から年収、Webライターになるにはどうすれば良いかまでしっかりお伝えするので、これからWebライターを目指す方はぜひ参考にしてください。

Webライターとは

質問マーク, なぜ, 問題, ソリューション, 思う, チョーク ボード, どのような, どこ, とき

Webライターとは、その名の通りWeb上の記事を書く仕事のことです。一般企業が自社商品を売って利益を得るように、Webライターは書いた原稿を商品として売り、原稿料をもらって利益とします。

執筆内容は説明文やコラム、小説など様々です。いろんな仕事があるため、文章を書くのが好きな方には最適な仕事と言えます。

一般的に、記事を書く仕事と言えば本や雑誌などの紙媒体か、Web上の記事を書くWeb媒体の2種類に分けられます。

【紙媒体】

紙媒体は、本や雑誌などの売上を伸ばすのが目的です。そのため、俳優やモデルなど注目度が高い人の写真を掲載したり、連載で企画を立てたりなど様々な工夫を行っています。

【Web媒体

Web媒体は、ユーザーからのアクセス数を集めることで企業PRをしたり、広告収入を得たりすることが目的です。そのため、ユーザーにクリックされやすい検索結果上位に記事が来るよう質の良い内容を書くことが求められます。このことを「SEOライティング」と呼び、Webライターであれば必ずと言っていいほど求められるスキルです。

以上のように、「文章を書く」という点では同じ仕事でも、媒体が違うことで目的も異なります。紙媒体は人間が読むもののため、人が読んで「面白い」と思ってもらえれば勝ちです。

しかし、Web媒体の場合は人が読んで面白いと感じることはもちろん、検索エンジンに「このWebサイトは質が良い」と認めてもらわなければなりません。そのため、Webライターとして働くのであれば紙媒体とは違うWebの知識も必要となります。

Webライターの仕事内容

書き込み, ワークステーション, オフィス, ビジネス, ノートブック, Macbook 空気

Webライターの仕事内容は、Web上に掲載する記事を書くことです。ただ、Web上にある記事には様々なジャンルがあるため、それに合わせてライターの仕事内容も千差万別。特定のジャンルのみを扱う方もいれば、いろんなジャンルをこなすマルチな方もいます。

では、具体的にWebライターの仕事内容にはどのようなものがあるのかを紹介します。

どんなWebライターになりたいかを決める指標にもなるので、方向性に悩んでいる方もぜひ参考にしてください。

クラウドソーシングを利用したタスク業務

チェックリスト, チェック, 一覧, マーカー, チェックしています, マーク, 書き込み, ボックス

クラウドソーシングは、クライアントとWebライターの仲介となってくれるサービスです。「記事を書いてほしい」とWebライターを探しているクライアントが仕事を発注し、それに対し仕事を探しているWebライターが受注するという仕組み。代表的なクラウドソーシングサイトには、ランサーズやクラウドワークスなどが挙げられますね。

個人に業務委託するより、クラウドソーシングを利用した方が低コストで済ませられるというメリットから、多くの企業がクラウドソーシングに仕事を依頼しています。そのため、Webライターは様々なジャンルの仕事が受注可能です。

その中でも、特によく見られるのがタスク案件。タスク案件は、クライアントが定めるルール通りに文章を書くだけの作業的な仕事が多く見られます。企画立案や骨子作成など、プロジェクトに一から携わる案件とは違うため、短時間で完結させられるのがメリットです。

単価は低めで、大体1文字1円以下がほとんど。書き慣れないうちはたくさんの文字数を書くことが難しいため、時給換算しても大体500~1,000円程度です。ただ、慣れてくると1時間に2,000文字以上を書くことも可能なので、時給換算すると2,000円以上になります。稼ぐためには、数をこなすことが大きなポイントと言えますね。

企業の広告やブログ記事の執筆

ビジネス, オフィス, 契約, 達成, 同盟, 事業契約, ビジネス上の取引, ビジネスマン, 共同作業を行う

特定の企業から依頼を受け、その企業に関する記事を書く仕事です。例えば、企業PRにつながるブログやメルマガ、ユーザー獲得率を上げるランディングページの作成など、Webライターが携わる内容は多岐にわたります。

報酬は企業によって、あるいは仕事内容によって様々。シンプルな内容であれば数千円程度ですが、工数が多いなど複雑な内容は数万円という報酬がもらえることもあります。

また、成果を認めてもらえれば継続して仕事がもらえる可能性が高いため、Webライターとしては安定した収入源となるでしょう。

メディア運営企業のコラム記事の執筆

学生, 入力, キーボード, テキスト, スタートアップ, 人, オフィス, 戦略, 仕事, 技術, 会社

企業の中には、広告収入を得るためにメディア運営を行っている場合があります。そのメディアに掲載するための記事を書くこともWebライターの仕事です。

特に多いのが、いろんな情報をまとめた「キュレーションサイト」と呼ばれるもの。特定のジャンルに特化していることが多いため、ターゲットを絞りやすいという特徴があります。

例えば、

  • 食費、光熱費など、様々な節約方法をまとめたサイト→主婦層に人気
  • ダイエット方法やスキンケアに特化したサイト→女性に人気
  • 観光スポット紹介→旅行好きの方や家族旅行を考えている方に人気

このように、ジャンルを絞ることで誰に読んでほしいのかが明確になり、人気サイトに育てることで安定した広告収入が得られやすくなるのです。

そんな目的から、サイトジャンルに合った内容を執筆できるWebライターが求められます。自分の得意ジャンルを活かせるため、Webライターにとってはやりやすい仕事と言えるでしょう。

また、執筆ジャンルに対する知識もどんどん深まっていくため、新たなジャンルに挑戦することで自分のスキルアップにもつながります。報酬は文字単価、記事単価とメディアによって様々ですが、メディア運営が続いている限りは安定して仕事をもらえるでしょう。

イベントなどの取材

テレビの取材班, テレビ ・ ラジオ, 記者, 撮影, ニュース

案件によっては、取材に行った内容を記事にすることもあります。よく見られるのは、イベントや観光スポットの紹介記事です。

実際に自分の目で見たことを書くため、説得力のある記事が書けます。今まで行ったことがない場所に行くチャンスでもあるので、旅行好きの方にはうってつけですね。

ただ、取材に行く際は取材先へのアポ取りやカメラマンの手配、企画書の作成などが必要です。正社員Webライターであれば同じ会社の人に任せることもできますが、フリーの場合は自分ですべて準備しなければならないと覚えておきましょう。

報酬は、記事単価のことがほとんどです。交通費や取材の手間などを考慮し、少し高めに設定されていることもあります。

Webライターの収入、年収

コイン, 紙幣, お金, 通貨, ファイナンス, 現金, ビジネス, 経済, 銀行, 富, 収益, 資本金

Webライターの年収は、以下のようなポイントによって決まります。

  • 執筆スピード
  • 単価の高さ
  • 執筆に割ける時間

Webライターのスキルによって差が出てしまうため、稼げるかどうかも人によって異なります。そのため、月に数万円しか稼げないという方もいれば、生計を立てられるほどしっかり稼ぐ方もいるでしょう。

では、実際にWebライターをしている人々はどれくらいの年収を稼いでいるのでしょうか。副業やバイト、正社員、フリーランスとそれぞれの立場からおおよその年収を紹介します。

形態年収
副業・バイト~120万円~
正社員~300万円~
フリーランス~300万円~

副業、バイトの場合

副業やバイトの方の年収は、大体月収3~10万円程度が相場です。

「子どもが寝てからの2時間だけ」「学校が休みの土日だけ」

このように、限られた時間の中で執筆を行うので、数がこなせず高額を稼ぐことはなかなか難しいでしょう。
ただ、Webライターの収入はその人のスキルが大きく影響するため、場合によっては月10万円以上を稼ぐことも可能です。

できるだけ高単価の仕事を受けたり、執筆スピードを上げたりすることで、正社員並みの月収を稼ぐ方もたくさんいます。

【副業関連記事一覧】

Webライターの副業収入はどれくらい?仕事の始め方や効率的な稼ぎ方を一挙公開

稼げるおすすめな副業24選!珍しくて儲かる簡単な副業特集

正社員の場合

正社員の収入は企業によって様々ですが、月収は20~30万円程度が多く見られます。年収にすると、大体300万円程度。賞与がもらえる企業であれば、もっと年収は高くなるでしょう。

毎月の収入が約束されている分、安定した働き方ができます。その上、上司や先輩などから執筆のアドバイスをもらえるため、効率よくWebライターとしてのスキルアップができるでしょう。

フリーランス(業務委託)の場合

起業家, スタートアップ, 起動, 男, 計画, ビジネス, オフィス, 実業家, 人, 若いです, 企業

フリーランスの月収は、大体月収10~20万円程度。ただ、フリーランスは仕事の獲得や仕事スケジュールなどすべて自分で管理しなければならないため、収入もピンキリです。

副業やバイトのように月数万円しか稼げない方もいれば、月30万円以上と一般会社員より多く稼ぐ方もたくさんいます。

正社員のように安定した収入が得られるわけではないため、稼げる時と稼げない時の波があることもしばしば。しかし、やればやるだけ収入がアップするのが完全歩合制のメリットなので、稼ぐことに貪欲な方には非常に魅力的な働き方と言えるでしょう。

【フリーランス関連記事】

フリーランスとは?どんな意味なの?仕事一覧や正社員との違い

Webライターの業務、仕事で楽しいところ

興奮, 人, 幸せ, 熱狂的です, 若いです, 笑顔, 女性, 幸福, にこやか, 楽しい, 幸せな人, 大人

Webライターの仕事は、ただ原稿を書くだけの地味な仕事というイメージがあるかもしれません。しかし、執筆作業を通じて様々なやりがいを感じられる素晴らしさもあるのです。

そこで、実際にWebライターとして活躍する方の声をもとに、Webライターという仕事の楽しさを紹介します。

たくさんのクライアントに関わることで人脈が広がる

チーム, モチベーション, チームワーク, 一緒に, 一緒, グループ, コミュニティ, グループ作業, 協力

Webライターをしていると、メディア編集者や企業コンサルティングを行う方など、様々なクライアントと関わることができます。

いろんな方と出会うことで新たな知識を得られたり、価値観や表現の幅が広がったりなどの刺激が得られるでしょう。そのため、Webライターとしてだけでなく、人間としての成長も実感できます。

また、人脈を持っておくと新たな仕事を獲得することも可能です。

「このライターさんは文章がとても面白くておすすめですよ」

「いつも迅速に対応してくれるライターさんなので、安心して仕事を任せられますよ」

こうしてクライアントが高く評価してくれれば、Webライターが自分で営業をしなくても紹介で仕事をもらえることもあります。

いろんな知識を身につけられる

知識, 本, ライブラリ, メガネ, 教科書, 情報, 教育, 文学, 研究, 読み取り, オープン, 学校

情報を文章化するためには、人に説明できるほど深堀りした知識が必要です。そのため、Webライターは常にリサーチをしながら文章を構成・執筆していくことになり、自然と執筆内容に関する知識も身につきます。

人は、得た知識が実際に役立った時、達成感や喜びを感じるものです。例えば、学生時代に授業で習った内容がたまたまクイズ番組で出てきて、答えられた時に達成感を覚えたことはありませんか?

問題の解答が分からず悩んでいる方に、教えてあげた時に感謝されて嬉しかった経験はありませんか?

知識を持つということは、それだけ何かの役に立てるチャンスがあるということ。様々な知識が身についたWebライターはこのことを常日頃感じているため、仕事そのものに楽しさを見出せます。

スキルを評価してもらえてやる気につながる

レイジ, 戦う, ファウスト, 紛争, 手, ボックス, 人間, 主張する, 感情, モチベーション

Webライターのスキルを評価してもらえると、クライアントから継続して仕事がもらえたり、新しい仕事を獲得しやすくなったりします。実際に「ぜひあなたにお願いしたいです」と言われると、誰だって嬉しくてやる気につながりますよね。

企業と直接契約をしている場合は、戦力としてどんどん仕事を回してもらえるでしょう。また、クライアントと直接やり取りをしないクラウドソーシングも然り。Webライターのスキルが一目で分かるランク制度を設けているサイトでは、それを見たクライアントから仕事が舞い込んでくることもあります。

Webライターの業務、仕事で大変なところ

Youtuber, ブロガー, 脚本, 絶望的です, 退屈な, Uncreative, 作家のブロック

やりがいや楽しさを感じられるWebライターですが、その中には大変なこともたくさんあります。大変なことと上手に向き合っていくことで、Webライターとして成長できたり、長く仕事を継続できたりするのです。

では、具体的にどのような大変さがあるのか、いくつか紹介します。

たくさんの文字数を書かないといけない

Webライターは文章を書いてなんぼの仕事。そのため、たくさんの文字数を書くことが求められます。例えば、

クラウドソーシング:1,000~3,000文字

直接契約:5,000文字前後

大体これくらいの文字数を求められることが多いです。もちろん、案件によって様々なのでもっと少ない場合もあれば、10,000文字を超えるボリュームを求められることもあります。

たくさんの文字数を書かなければならないということは、それだけ深い知識やしっかりとした構成が必要ということ。Webライターの中には文字数を見ただけでモチベーションが下がってしまう方もいるため、やる気を維持させるのが大変です。
しかし、その分書き上げた時の達成感は大きいため、仕事のやりがいにも直結します。

スケジュール管理が難しい

カレンダー, 壁掛けカレンダー, 日, 日付, 年, 時間, スケジュール, オフィス, 事務所, 計画

いろんな案件を抱えていると、何をいつまでに提出しなければならないのかというスケジュール管理が大変になります。時には、リサーチに時間がかかって思いのほか執筆が進まず、スケジュールが押してしまうこともあるでしょう。

そういった可能性も考え、Webライターはしっかりスケジュール管理をし、クライアントが求める納期に間に合わせなければなりません。案件数が少なければ簡単なことですが、案件が増えれば増えるほど管理が難しくなっていくため、納期忘れなどがないよう気をつけましょう。

編集者好みの文章を書かなければならない

ミス, 編集, 学校, 赤インク, 訂正, 初稿, 先生, 赤ペン, マーク, 英語, クラス

書けた原稿は、納品前にまず編集者の手に渡ります。クライアント側が求める内容が書けているか、誤字脱字や表現に誤りがないかなどをチェックするのです。

そこでOKがもらえればそのまま納品、案件は無事終了となるのですが、そう簡単にいかないのがWebライターの難しいところ。自分が書きたいように書いてしまったり、編集者好みの言い回しで書かれていなかったりなどが原因で何度も修正作業をすることがあります。

つまり、Webライターは編集者がどんな文章を求めているかを考えながら書かなければならないのです。編集者によって好みが違うため、複数クライアントと仕事をしている場合はそれぞれの好みを理解しながら仕事を進める必要があります。

時には編集者と意見が合わず、対立してしまうこともあるでしょう。しかし、求められていることに応える柔軟性もWebライターに必要なスキルです。これさえ身につけられれば、いろんなクライアントから可愛がってもらえますよ。

Webライターで食べていける?向いている人の特徴

お金, ユーロ, 利益, 通貨, ドル紙幣, ビル, 金融, 札, 成功, 紙のお金, 金融の世界

Webライターとして食べていくためには、コンスタントに稼いでいけるだけの力量が必要。向いている方でなければ、なかなか長くは続けられない仕事です。では、Webライターで食べていっている方にはどんな特徴があるのでしょうか。

ここからは、Webライターに向いている方の特徴を紹介します。Webライターを目指す方は、自分にあてはまるものがあるかをチェックしてみてください。

執筆スピードが速い人

執筆スピードが速い人は、効率よく仕事がこなせます。たくさんの案件を受けられるため、稼げる上に実績作りもしやすいです。

執筆スピードと一言に言っても、その意味合いには以下の2つがあります。この2つのスキルを日頃から磨いていけば、仕事の効率は飛躍的に上がり稼げるWebライターへと近づきますよ。

【タイピング速度】

たくさんの文字数を入力しなければならないため、それをスムーズに入力できるだけのタイピングスピードが必要です。キーボード入力に慣れていない方は、タイピング練習をすることで執筆スピードも上がっていきますよ。

【情報処理速度】

執筆は、頭の中に浮かんだ文章をどんどん可視化していく作業です。そのため、何か考え事をしていたり、テレビなど集中力を削ぐものがあったりするとなかなか作業が進まないこともあります。

タイピングによってスムーズに原稿を作っていく力。そして、頭の中にある単語、文章を整理する力。これがWebライターには求められるため、集中できる作業環境を整えるようにしましょう。

また、原稿執筆前に大まかな文章構成を作っておくこともおすすめです。記事全体の流れを見失うことなく、文章が組み立てやすくなります。

自分から仕事をもらいにいける人

ビジネス, レディ, 女性, 女の子, コンピューター, 笑顔, カフェ, 仕事, 相談, 美しい, 成功、

どんな業界にも言えることですが、仕事が来るのを待っているだけでは稼げません。特に、Webライターは誰でも挑戦できる仕事として人気を集めているため、ライバルは山ほどいます。

「いつか仕事が来るだろう」と待っていると、他の人にどんどん仕事を取られてしまう可能性があるため、自分から獲得していく姿勢が大切です。

Webライターは挫折しやすい?挫折しないための勉強方法

Webライターを続ける難しさには、以下のようなものがあります。

  • 仕事をコンスタントにもらえないことがある(メディアの終了、案件ストップなど)
  • 毎日たくさんの文字数を書かなければ稼げない
  • たくさんの修正に自信をなくしてしまう

このような理由から、Webライターを挫折してしまう方もたくさんいます。しかし、諦めずに努力を続ければ、挫折をする前に目の前の壁を打ち破れるはず。

そこでここからは、挫折をしないために行いたい勉強法や対策について紹介します。

本を読んで語彙力を身につける

書籍, 書店, 本, 読書, ライター, 読み取り, リーダー, 色, シェルフ, 教育, ライブラリ, 知識

小説や評論など、なんでも良いので本を読みましょう。いろんな文章に触れることで、自然と語彙力が身につき、原稿執筆時に表現の幅が広がります。

頻繁にタイピングの手が止まっていた方も、言葉を知ることで頭の中で文章がつながりやすくなり、スラスラと原稿が進められるでしょう。効率よく仕事が進み、稼げるようになったと実感できれば挫折も乗り越えられるはずです。

仕事の獲得方法を知る

カエル, フィギュア, ファイル, スタック, 積み重ねられたファイル, オフィス, 装飾, 緑, 動物

仕事の獲得方法にはいろんなものがあります。その方法を知り、自分から仕事をもらいに行くことで「仕事がない」という不安から挫折を回避できるはずです。

例えば、

  • 誰でも挑戦できるクラウドソーシング案件
  • 今まで仕事をくれていたクライアントに別の仕事がないか聞いてみる
  • 求人を見て自分から新規開拓をして仕事をゲットする

Webライターが挫折する理由の1つが、仕事がないということです。しかし、実際は探せばいくらでも仕事はあります。単価が低い、継続的な仕事ではないなど仕事を選ぶから最終的に仕事がなくなってしまうのです。

例えメディア終了などの理由で継続的にもらっていた仕事がなくなったとしても、クラウドソーシングを見ればたくさんの案件があります。次の仕事が見つかるまでのつなぎにもなるので、「仕事が一切ない、なんてことはあり得ない」と思っておけば心が楽になりますよ。

初心者からWebライターになるには?未経験からの始め方

Webライターは、資格や経験が不要で誰でもなれます。そのため、今まで文章を書いたことがない初心者でも「Webライターです」と名乗れば、その方はもうWebライターなのです。

しかし、Webライターとして食っていくには実績を作ったり、スキルを磨いたりしてどんどん仕事をもらわなければなりません。

では、初心者はどのようにしてWebライターを始めれば良いのでしょうか。ここからは、未経験者がWebライターを始めるためにやるべきことを紹介します。

クラウドソーシングで文章を書くことに慣れよう

学生, 入力, キーボード, テキスト, 女性, スタートアップ, ビジネス, 人, オフィス, 戦略, 仕事

Webライターは文章を書く仕事なので、まず文章を当たり前のように書けなければなりません。そこでおすすめしたいのが、クラウドソーシングの案件をこなすことです。

クラウドソーシングには、短い説明文や商品レビューなど比較的文字数が少ない仕事があります。未経験で長文に挑戦するのはなかなか大変なので、まずはすぐにできる短文案件で文章を書くことに慣れましょう。

慣れてきたと思えたら、少しずつ文字数が多い案件に挑戦したり、単価を意識してみると良いですよ。未経験者に大切なのは稼ぐことより「文章を書けた」という達成感を味わうこと。自信がつけばいろんな案件に挑戦する意欲につながり、自然と稼げるWebライターへと成長します。

未経験歓迎の求人に応募してみる

Webライター募集の求人の中には、未経験でも挑戦させてくれる企業があります。単価は低めなことがほとんどですが、実績作りやスキルアップにはもってこいなので積極的に応募しましょう。

1人でWebライターのことを学ぶより、すでにWebライターとして活躍中の方がいる企業で仕事を受けた方が、様々なノウハウが学べます。

「Webライターとして仕事の受け方、進め方が分からない」

「文章の書き方だけでなく、骨子作成などもよく分からない」

そんな初心者であれば誰もが抱く疑問を先輩たちが教えてくれるため、安心してWebライターに挑戦できるでしょう。

【未経験可の求人募集一覧】

webライター募集!業務委託、副業、未経験可

ブログを書いて人に見てもらう

ブログ, インターネット, Web, 技術, メディア, 通信, 社会, 文字, スクラブル

Webライターにとって、ブログはポートフォリオの一種です。そのブログを見たクライアントが仕事を依頼してくることがあるため、Webライターを目指すなら同時にブログも始めることをおすすめします。

ブログは依頼されて書いているものではないため、基本的に内容は自由です。1つのテーマに絞って専門性を高めても良し、いろんなジャンルを書いてマルチな才能をアピールするのも良いでしょう。

「私はこんな文章が書けますよ」というアピールになるため、内容が充実したブログを作れば最高の履歴書となります。

まとめ

フクロウ, コンピューター, ヘッドフォン, おかしい, ノート パソコン, ノートブック, デバイス

IT化が進んでいる現代において、Webライターは人気職の1つと言われています。固定給の正社員でない限り上限なく稼げる仕事のため、特に「稼ぎたい」という野心家の方には魅力的に映るでしょう。

しかし、Webライターとして食っていくためには、人並み以上の努力も必要です。思うように文章にならなかったり、編集者と意見が合わなかったりなど、様々な悩みに直面することもあります。

そういった壁を自分の力で壊していくことが、Webライターに求められる力です。常にスキルを磨いたり、大変な中で楽しさを見出したりできれば、きっと多くのクライアントから求められるようなWebライターになれます。

今回は、Webライターの仕事内容や年収、向いている人の特徴など様々な観点でWebライターについて紹介しました。

「Webライターを始めたいけれど漠然とした内容しか分かっていない」

そんな方は、ぜひ上記の内容を参考にしてください。きっと、Webライターを目指す上で有益な指標となってくれるはずです。

Webライターカテゴリの最新記事