Webライターの副業収入はどれくらい?仕事の始め方や効率的な稼ぎ方を一挙公開

Webライターの副業収入はどれくらい?仕事の始め方や効率的な稼ぎ方を一挙公開
起業家, スタートアップ, 起動, 男, 計画, ビジネス, オフィス, 実業家, 人, 若いです, 企業

Webライターは、未経験者でも挑戦できる副業として人気の仕事です。書けば書くだけ収入が上がり、毎月安定した収入を得ている方や、正社員並みに稼いでいる方もたくさんいます。

実際に、現フリーライターの筆者もWebライターの入口は副業でした。

本業や育児の隙間時間に行って月5万円前後。

努力が報酬という形で反映されることから、人生で初めて

「仕事が楽しい」

と思えたことをよく覚えています。

また、Webライターの案件には医療系や法律系などの専門性が高いものから、美容や料理など趣味に関するものまでジャンルが豊富。自分の知識や経験を活かすこともできるため、やりがいも感じられるでしょう。

そんな副業で人気のWebライターですが、せっかくやるならしっかり稼ぎたいですよね。そこで今回は、「これからWebライターに挑戦したい」という方のために仕事の始め方や稼ぎ方について解説します。

Webライターの副業の収入って?どれくらい稼げるの?

投票用紙, お金, リアル, メモ, ブラジルの通貨, ブラジル, 50 ドル, 通貨, 収入, 給与

Webライターは、執筆した原稿を納品することでその原稿料をもらいます。つまり、商品となる記事のボリュームや質、こなした案件数が収入を大きく左右するため、Webライターの収入はピンキリです。

あえて収入の目安を挙げるならば、大体以下の収入が相場となります。


初心者中級者上級者
収入(月収)~3万円~3~10万円10万円~

【初心者(~3万円~)】

Webライターを始めたばかりの初心者は、1文字あたり0.5円前後の仕事がほとんどです。その上、文章を書くことに不慣れなため効率よく案件をこなすことが難しく、高収入はなかなか稼げないでしょう。

そんな中でも稼ぐためには、単価を気にせずとにかくたくさんの案件数をこなすこと。「塵も積もれば山となる」と言われるように、低単価でも数をこなせば月3万円以上稼げます。

【中級者(3~10万円)】

Webライターの仕事に慣れてくると、徐々に執筆スピードが上がって効率よく仕事がこなせるようになります。そのため、単価は変わらずとも初心者の頃よりたくさん稼げるようになるはずです。

また、クライアントにスキルが認められたり、自ら単価交渉をしていくことで高単価案件も受けられます。1文字0.7~1円くらいの案件が多くなり、頑張れば月10万円程度を稼ぐことも可能です。

【上級者(10万円~)】

Webライターの副業を始めて数年が経ったベテランは、その経験値の高さから受けられる案件の幅も広がります。文字数を増やしたり、少し専門性が高く高単価な仕事に挑戦したりすることで、一気に収入もアップ。

文字単価は1文字1円が最低ラインとなり、スキルがある方は1文字2~5円の高単価案件も受注可能になります。そのため、副業でも月20万円以上稼ぐ方もいますよ。

副業Webライターの始め方

「文章を書くことが好きだからWebライターに挑戦してみたい」

「自分のペースに合わせて仕事ができるWebライターに魅力を感じている」

このような理由で、副業にWebライターを選んでいる方はたくさんいます。ただ、実際にWebライターとして仕事をしようと思うと、まず何からしたら良いのか分からないという方も多いはずです。

そこでここからは、副業Webライターの始め方について解説します。仕事の始め方は1パターンではないため、自分に合ったやり方を見つけてくださいね。

クラウドソーシングで案件を探す

入力, コンピュータ, デスク, 鍬オフィス, オフィス, 学生, スタートアップ, ビジネス, 人, 戦略

副業でWebライターをするのであれば、真っ先にチェックしてほしいのがクラウドソーシングの案件です。なぜクラウドソーシングが副業Webライターにおすすめなのか、それはクラウドソーシングならではの仕組みに理由があります。

クラウドソーシングとは、仕事を依頼したいクライアントと、仕事を探しているWebライターとをマッチングさせるサービスのことです。クラウドソーシングを利用することで、クライアントとWebライターにどんなメリットがあるのかをまとめました。

クライアントWebライター
・個別依頼より低いコストで仕事を依頼できる
・サイトが仲介に入ることで、Webライターとのトラブルを未然に防げる
・いろんなジャンルの仕事が受けられる
・未経験OKの仕事が多いため、初心者でも挑戦しやすい
・タスク業務など、短時間で完結させられる仕事が多いため効率よく稼げる

こういったメリットがあるからこそ、クライアントとWebライターはWin-Winの関係になれるのです。

もちろん、個別依頼に比べて単価が低い、他Webライターと案件の取り合いになるなどのデメリットもあります。しかし、上手にクラウドソーシングを利用していけば、毎月ほぼ安定した収入が見込めますよ。

未経験可の案件に応募する

求人情報の中には、未経験可のWebライター募集があります。時給、月給、文字単価など報酬の仕組みは様々ですが、未経験でも挑戦できるのはありがたいですよね。

この際は、一般的な就活と同様に履歴書や職務経歴書が必要となることが多いです。また、出社あるいはWebカメラを使って面接をすることもあります。そのため、きちんと必要書類や面接時の受け答え準備をしておかなければなりません。

会員登録をすればすぐに仕事が始められるクラウドソーシングに比べると、こちらは仕事を始めるまでに手間がかかります。しかし、クライアントと直接やり取りができることで信頼関係が築けるため、将来的に仕事の幅が広がると期待できます。

未経験から副業でWebライターを行う上での注意点

Webライターは、未経験者でも挑戦しやすいのが魅力の仕事。いきなり長文は書けなくても、商品レビューなど短文案件も多いため、各々のレベルに合わせた仕事ができます。

しかし、Webライターとして副業をするのであれば、必ず知っておかなければならない注意点もたくさん。そこで、副業Webライターが気をつけるべきことについて紹介します。特に、右も左も分からない未経験者は要チェックですよ。

高単価の仕事に絞らない

コイン, 電卓, 予算, 家計, お金, 現金, 通貨, 保存, 会計, 市場, 計算, 獲得, 計画, 収入

未経験者は、まだ実績がないため高単価の仕事は受けられないことがほとんど。そのため、稼ぎたいからと言って高単価の仕事だけを選ぼうとするのはNGです。

「副業でもしっかり稼ぎたい!」

という野心家の方であれば、どうしても高単価の仕事に目が行ってしまいますよね。しかし、Webライティングにおける高単価案件は、専門性が高かったり、文字数が多かったりなど執筆経験がある方でないと難しい内容ばかりです。

スキルが見合っていないと受けられないため、単価で仕事を選ぶといつまでも仕事を受けられません。

未経験のWebライターに大切なのは、まず実績作りとWebライターのノウハウを身につけること。最初は単価にこだわらず、できるものにどんどん挑戦していくことに重点を置きましょう。

本業を疎かにしない

Webライターの仕事は、やればやるだけ収入がアップします。そのため、ついWebライティングに夢中になって本業を疎かにしてしまう方もしばしば。

しかし、忘れてはならないのはWebライターの仕事は副業でやっているということです。生活の基盤となる本業に、プラスアルファの収入を得るためにWebライターの仕事をしているため、本業と副業が逆になってはなりません。

Webライターとして稼げるようになってくると、本業と副業が逆転してしまう方も多いです。休む間もなく稼ごうとしたり、常にWebライティングのことを考えてしまったりと本業に支障が出る可能性があります。

これでは本業に迷惑がかかるだけでなく、働きすぎなどで体調を崩す恐れもあるため、無理な働き方をしないよう気をつけましょう。優先順位を明確にし、本業と副業のバランスをきちんと保てば充実した毎日を送れるはずです。

Webライターの副業でおすすめのサイト

技術, ラップトップ, キーボード, コンピュータ, ネットブック, カエデ, 女性, 女の子, ビジネス

Webライターを歓迎してくれるサイトはたくさんあります。ただ、サイトによって報酬制度や扱っている案件の種類は異なるため、Webライターはどこのサイトで活動するかをしっかり吟味しなければなりません。

そこでここからは、未経験者におすすめしたいサイトを3つ紹介します。どこのサイトに登録しようか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

ランサーズ

引用元:ランサーズ

ランサーズは、業界最大手のクラウドソーシングです。Webライター向けの案件が豊富にあるだけでなく、翻訳やシステム開発、デザインなど幅広い仕事ジャンルがあります。

そのため、Webライターとしてだけでなく、他の仕事にも挑戦してみたいという方には最適な環境が整っていると言えるでしょう。

また、ランサーズには他のクラウドソーシングにはない『仮払制度』があります。一般的に、Webライターの報酬は成果物を納品してから受け取るのが普通です。

しかし、極まれに報酬未払いでクライアントとWebライター間でトラブルが発生することがあります。これを未然に防ぐために設けられているのが仮払制度です。

案件に取りかかる前にクライアントが報酬を仮払いする制度で、無事に原稿を納品したら正式に報酬が支払われます。もしもクライアントの手違いで支払いを忘れていても、仮払いされたお金が自動的にWebライターに支払われるようになっているため、未払いになることはありません。

このワンクッションがあるおかげで、Webライターは「きちんと報酬がもらえる」という安心感のもと仕事ができます。そのため、未経験者には特におすすめしたいサイトです。

文字単価1文字0.5~1円程度(2円以上も多数)
案件の種類タスク/プロジェクト/コンペ
おすすめポイント・仮払制度があるため、報酬未払いの心配がない
・いろんなジャンルの仕事に挑戦できる
・一定条件をクリアすれば福利厚生も受けられる・継続的な仕事がもらいやすい

サグーワークス

引用元:サグーワークス

サグーワークスは、短時間で完結させられるタスク業務が豊富に揃ったクラウドソーシングサイトです。単価も0.5~1円未満の価格帯が多く、数をこなせばしっかり稼げます。

サグーワークスの魅力は、なんと言ってもボーナス制度が多いこと。具体的にどんなものがあるのか、その内容は以下のとおりです。

【レベル】

「稼いだポイント=経験値」とし、ユーザーのレベルが上がるとボーナスポイントを獲得

【ランキング】

稼いだポイントでユーザーがランキング化され、1~50位までにボーナスポイントを付与(プラチナランクは10位まで)

【ランク】

レギュラー、ゴールド、プラチナの3ランクがあり、ランクが上がれば上がるほど案件の単価もアップ

【名文】

名文評価得た数をランキング化し、上位10位までにボーナスポイントを付与

このように、サグーワークスならではのボーナス制度があるため、未経験者でも稼げる可能性大です。

また、書いた原稿が不採用だった場合、どこが悪かったのかをチェック者が教えてくれます。そのため、Webライターとしてのスキルアップもできるでしょう。

文字単価1文字0.5~1円未満(プラチナランクから1円以上も有)
案件の種類タスク/プロジェクト
おすすめポイント・ボーナスが多く原稿料プラスαの収入が得られる
・不採用案件はその理由を教えてもらえる
・案件によっては、一度不採用になったものを再度修正して提出できる

サグーワークスはこちらから

Shinobiライティング

引用元:Shinobiライティング

タスク案件に特化したShinobiライティングは、ジャンルごとに案件がまとめられているので見やすいと定評があります。そのため、自分の得意分野を活かしたライティングをしたい方に最適です。

その上、ライティングルールも比較的シンプルなものが多く、文章を書き慣れていない初心者でもとっつきやすいはず。筆者も、このサイトで文章に書き慣れてから他のクラウドソーシングに挑戦するようにしました。

また、Shinobiライティングには運営会社のCROCO株式会社独自の試験『アドバンスライター認定試験』というものがあります。これに合格すれば通常より高単価な仕事を紹介してもらえるため、しっかり稼ぎたい方におすすめです。

文字単価1文字0.25~0.5円未満(アドバンスライターから1円以上も有)
案件の種類タスク
おすすめポイント・ジャンルごとに案件が整理されているため、自分に合った案件を見つけやすい
・投稿前に誤字脱字チェックをしてくれる機能がついているので、投稿前のチェックがスムーズにできる

まとめ

ドリンク, ブログ, ブロガー, 破る, ビジネス, コーヒー, コンピュータ, 起業家, Flatlay

「文章を書く仕事なんて、ハードルが高すぎる」

そう懸念する方も多いですが、Webライターの仕事は小説家や評論家のように長々とした文章を書く仕事ばかりではありません。その上、経験がない未経験者でも挑戦できる案件もあるため、コツさえ掴めば誰でも稼げます。

また、上記で副業Webライターの収入を紹介しましたが、金額はあくまで目安です。中には、副業にもかかわらず月に20~30万円を稼ぐ凄腕ライターもいます。頑張った分報酬として反映される仕事なので、やりがいも感じられるでしょう。

どのようにWebライターに挑戦すれば良いのか、始め方に悩んだ方は、ぜひ今回紹介したクラウドソーシングサイトを参考にしてみてください。未経験者でもとっつきやすい案件を多く扱っている人気サイトなので、きっとWebライターとしての自信も身につけられるはずです。

Webライターカテゴリの最新記事