会社を辞めたい40代の対処法!男女別・既婚未婚別にご紹介

会社を辞めたい40代の対処法!男女別・既婚未婚別にご紹介

何歳になっても、悩みは尽きないもので、40代になってどうしても仕事がつらくなる時がくるかもしれません。

若いころなら勢いで「辞めてしまえ~!どうにかなるだろう!!」となるかもしれませんが、40代にもなると転職の難しさや年収ダウンを気にして「会社を辞めたいけど、後悔しないだろうか…」と不安になる気持ちがあるのではないでしょうか。

そこで、この記事では、男女別・既婚既婚別に会社を辞めたい40代が知っておくことをご紹介します。大きな人生の分岐点になるので、ぜひ参考にしてみてください。

40代既婚男性が会社辞めたい、辞める時に気をつけるべきこと

40代既婚男性は、家庭を持っているので最も保守的にならざるを得ないでしょう。一時的な感情で会社を辞めてしまうと後悔することになるかもしれません。

年収を維持できる仕事を選ぶ

0代既婚男性なら、家や車のローンが残っているケースがあるでしょう。子どもがいると、なおさらお金がかかります。

そのため、年収アップとは言わずとも、年収を維持できる仕事選びをすることを大前提にしましょう。年収を維持するためには、そもそも提示されている給料が高いところを選ぶか、転職エージェントに給料アップ交渉をしてもらうかの二択になるのではないでしょうか。

求人票は、「月給〇〇~××万円(※能力・スキルによって変動)」と記載されているケースが多いです。自分では、お金の交渉をしにくいという場合は、転職エージェントを利用して転職活動を行うと良いでしょう。

また、ゆっくり冷静に判断して、転職先を選ぶために、在職中に転職活動を行うことをおすすめします。たしかに、面接日程調整がしにくいというデメリットがありますが、上手く転職活動が進まないかもしれないリスクを考えると、賢明な判断だといえるでしょう。

体調不良を起こす前に決断する

在職中の転職活動が良いと言いましたが、あくまでも心身ともに健康な状態であることが前提となっています。

パワハラや度重なる残業で、心身ともに疲弊しているなら、休職するという選択肢も視野に入れてください。もし、病状が悪化してしまうと、働くどころではなくなってしまいます。早め早めの対応を心がけましょう。

40代既婚女性が会社辞めたい、辞める時に気をつけるべきこと

次に、40代既婚女性が会社を辞める時に気をつけたいことをご紹介します。既婚者であれば、家庭を最優先させたい気持ちがあるのではないでしょうか。より良い生活を送るためのポイントをお伝えします。

正社員にこだわらず派遣やパートなども

正社員にこだわらず、派遣やパートといった選択も考えてみてはいかがでしょうか。

▼派遣のメリット

  • 勤務地や勤務時間などの融通が効きやすい
  • 自分の長所を活かした仕事を選べる
  • 何があれば派遣会社に相談できる

▼派遣のデメリット

  • 派遣期間に上限がある
  • 正社員より給料や手当てが劣る

もちろん、収入は減ることになりますが、時間の拘束が減り、精神的に楽になるかもしれません。旦那さんと相談して、さまざまな働き方を検討してみましょう。

副業で他に収入源を確保する

会社員という働き方や給料に不満があるなら、副業をして収入源を増やしてみると良いです。あくまでも副業に留めておけば、もし上手くいかなかったときも辞めたら良いだけなので、リスクが低いです。

特におすすめな副業が「ライティング」です。自分の知識や体験談を書き、報酬を受け取ります。実際に「ランサーズ」や「クラウドワークス」といったクラウドソーシングを利用している主婦は多いです。月5万円でも、あったらうれしいですよね。

40代独身男性が会社辞めたい、辞める時に気をつけるべきこと

続いて、40代独身男性が会社を辞める時にした方が良いことをご紹介します。40代にもなれば、ある程度貯金が溜まっていて、既婚者より柔軟に動けるのですが、後悔しない選択をすべきでしょう。

とにかく転職エージェントには登録しておく

会社を辞めたいと少しでも思うなら、転職エージェントに登録しておくことをおすすめします。たまに転職エージェントに登録すると、絶対に転職しないといけないと思っている人がいますが、そんなことはありません。

「会社を辞めたいと思っているのですが、決めきれずに悩んでいます」と正直に担当者に伝えるとスムーズに話が進みます。良い担当者であれば「〇〇さんの今の会社以上の条件はあまりないですよ」と教えてくれることもあるでしょう。

40代男性におすすめの転職エージェントはこちらです。

「リクルートエージェント」は、転職支援実績がNo.1の大手転職エージェントです。求人数が20万件以上で、豊富な選択肢があります。40代の転職は厳しいとも言われますが、年収ダウンすることなく、転職に成功した経験を持つ人が多くいますよ。

「doda」は、求人数が多い上に、過去の面接で行われた質問に対する回答の仕方といった実践的なテクニックを教えてくれる転職エージェントです。大企業だけではなく、優良な中小企業もそろっています。

40代にもなれば、自分の強み・弱みややりたいことがある程度定まっているのではないでしょうか。会社の規模に惑わされず、適性を見定められると良いですね。

ダメもとで人事異動届を出す

もし、転職を検討した上で、今の会社の良さを再認識したら、ダメもとで人事異動届を出してみてはいかがでしょうか。

同じ会社でも部署によってカラーがあるので、まるで転職したかのような気持ちになれるかもしれません。同じ会社だと、リアルな現状も把握しやすいですし、おすすめです。

40代独身女性が会社辞めたい、辞める時に気をつけるべきこと

さいごに、40代独身女性が会社を辞めたい時に気をつけることをご紹介します。40代独身女性は、これからどう生きるか悩みやすいです。悩んだ時は、誰かのアドバイスを聞いてみてはいかがでしょうか。

今の会社か転職かの選択を転職エージェントで

漠然と今の会社に対して不満がある程度なら、辞めるという判断をする前に、転職のプロに相談してみることをおすすめします。

正直に言って、スキルや経歴に自信がないなら、40代女性の転職は簡単ではありません。しかし、どうしてもきつい仕事をずっと続けるのは大変ですよね。そのあたりの見極めを転職エージェントに聞いてみるのです。

40代女性におすすめの転職エージェントはこちらです。

「LiBzCAREER」も「WomanWill」も、女性に特化した求人を数多くそろえています。もちろん、すべて無料で利用できるので安心してください。

逃げ道として結婚するのはおすすめできない

独身であれば、結婚して専業主婦になる道も考えるかもしれませんが、妥協して結婚を選択するとつらい結果になる人が多いです。

状況によっては、旦那の両親の介護をする必要性が出てくることもあります。40代の両親であれば、介護が必要になるケースもありますもんね。

一緒にこの先の人生を乗り越えられるパートナーと出会えた時に、結婚を考えてください。

まとめ

男女別・既婚未婚別に会社を辞めたい40代がすべきことをご紹介しましたが、共通していえるのは「安易に退職する決断をしない」ということです。

退職を決意する前に、転職エージェントに意見を求めたり、異動できないか上司に相談したりできることがあります。

上司に相談しにくい雰囲気だと、転職エージェントの担当者が客観的な視点で、会社の労働条件を比較してくれるでしょう。40代にもなれば、適性が明確になっていることが多いので、正確に判断できるのではないでしょうか。

もちろん、働いていると「会社がつらいから辞めたい!」と思うこともあるかもしれませんが、その場合も休職という選択肢がありますし、ゆっくり熟考することをおすすめします。

あくまでも、自分の健康を優先させつつ、最適な選択をしてください。

辛いカテゴリの最新記事