ロジカルライティングとは?|例文やおすすめの本を紹介

ロイ
結論ファーストを意識するだけでもだいぶ変わるよ!

仕事でのメールや資料作成など、文章を書く場面では、わかりやすく書く能力が大切です。

文章を書くことに苦手意識を持っている方は、文章そのものが下手なのではなく、構成に問題があるだけかもしれません。

「ロジカルライティング」は、わかりやすい文章を書くための手法です。

この書き方を習得すれば、「相手に伝わる」「自分に協力してもらえる」ような文章が書けるでしょう。

難しく考える必要はありません。ちょっと順番を意識するだけです。

  • メールやチャットの内容を理解してもらえない方
  • 文章に自信がない方
  • わかりやすい文章について知りたい方

この記事を読むことで、ロジカルライティングの「型」を学び、相手に伝わる文章が書けるようになります。

ロジカルライティングの意味

ロジカルライティングの意味

ロジカルライティング(Logical writing)とは、日本語でいうと「論理的な文章」です。

要するに、「順序立っていてわかりやすい文章」のことです。

ロジカルライティングの目的

ビジネスの場での目的

ロジカルライティングは、わかりやすい文章を書くことがゴールではありません。

とくにビジネスの場で文章を書くときは大抵、相手に何かしらの行動をとってもらう目的があるはずです。たとえば、「新しい施策の承認を得たい」「経費での書籍購入を承認してほしい」などです。

このような目的を達成するためには、社内メンバーや上長に協力してもらうことが不可欠です。ロジカルライティングを身につけていれば、相手が内容を理解し、協力や承認が得られやすくなります。

ロジカルライティングのバイブルともいえる、照屋華子氏の著書「ロジカル・ライティング」においても、”自分の思考を思い通りに相手が理解し、相手に期待通りの反応をとってもらうための文章”という内容が記述がされています。

ブログや記事での目的

個人ブログや、会社のサイト内に掲載する記事にもロジカルライティングが役立ちます。

たとえば、商品・サービスの紹介をする目的が「内容を良く理解してもらう」である場合はどうでしょう。

この場合は、文章の冒頭で「○○を使うとこうなります」と総論を述べ、その後に「なぜそういえるのか」という理由付けをすることで、読者の理解が深まります。

商品の紹介をする際には、「商品・サービスを使ってどうなるのか」をストーリーに落とし込み、結論を最後に述べる「エモーショナルライティング」という手法もあります。

エモーショナルライティングは、ビジネスの場には不向きです。もしみなさんがブログや文章を書く仕事をしている場合は、ロジカルライティングとの使い分けができれば、文章を書くスキルがよりアップするはずです。

関連記事

ロイ 商品・サービスを売るためには、感情に訴えかけることも大切…! 文章を書く仕事や、個人ブログを運営している方は、たくさん「書く」ことを続けていることと思います。 せっかく文章を書くのだから、どうせならその文章で[…]

ロジカルでない文章の問題点

相手に「解読」の時間を使わせてしまう

ロジカルでない文章の問題点は、読み手に「解読」の時間を使わせてしまうことです。

メールや提案資料などの文章がわかりにくいと、「何が言いたいのか」「なぜそう思ったのか」を相手が読み取らなくてはいけません。結局、これどういうこと?と確認をとることもあるでしょう。

読み手は忙しいなか、その文章を解読するための「思考」と「時間」を費やしてしまうことになります。

人は1日に何回も、有効な判断・思考はできません。そのうちの1回を文章の解読に費やすことは生産的とはいえないんです。

相手の行動を促せない

ビジネスでの文章の役割は、文章を通じて同僚や上司の行動に繋げることです。

せっかく良い提案があっても、それを伝える文章に問題があると、周りの理解が得られず行動してもらえないこともありえます。

もったいないことにならないためにも、ロジカルライティングを身につけることは有効なのです。

ロジカルライティングの構成・書き方

ロジカルライティングの構成・書き方

「結論」から書く

ロジカルライティングの大原則は、「結論から書く」ことです。

読み手は、何が言いたい文章なのかを最初に知ることで、文章の全体像が把握できます。これにより、その後の文章を理解しやすくなるのです。

PREP法に従って書く

結論から書くための方法として、PREP法(プレップほう)があります。PREPとは、以下の単語の頭文字を並べたものです。

  • Point:結論
  • Reason:理由付け
  • Example:具体例
  • Point:再度、結論を述べて締める

ロジカルライティングに難しいテクニックは必要ありません。型にはめてしまいましょう。

PREP法の流れに当てはめることで、文章の流れが破綻することはなくなるはずです。

PREP法によるロジカルライティングの例文

PREP法を使用したロジカルライティングの例文を考えてみました。会社でツールの導入を検討している場面のメールを想定した文章です。

【結論】部署で導入を検討しているマーケティングツールの費用の件です。相手先から、費用100万円のAプランと、Aプランより機能が多く費用は250万円のBプランの2パターンを提示されました。私は機能が制限されても安価に始められるAプランがよいと考えております。

【理由】その理由は、安価なAプランでも当社では十分活用できると思うからです。

【具体例1】たとえば、Aプランには、顧客に対して誰がどのようにアプローチし、どの方法が効果的だったのかを一元管理する機能がついています。今まではスプレッドシートで管理していたため、この機能が使えるだけでも業務効率が向上できると考えられます。

【具体例2】また、Aプランでは顧客リストから特定の条件で抽出したグループにメールを送ることが可能です。Bプランではさらに顧客のWebサイト上での行動を細かく見れますが、Webサイトへのアクセスが少ない今はこの機能を持て余す可能性があります。

【結論】以上から、機能が制限されるAプランでも当社が使うには十分だと判断し、Aプランでの購入を提案いたします。

提案が良い悪いはともかく、「何が言いたいのか」「なぜそう思ったのか」はすぐに理解できるはずです。

会議・プレゼンなどでも有効

PREP法は、書くだけでなく話す場面でも使いやすい構造です。以下の文章は、ある美容クリニックでの打ち合わせを想定した例です。

【結論】私たちの美容クリニックでは、これからは男性にも脱毛の宣伝を行いましょう。

【理由】なぜなら、男性の脱毛への需要が数年前に比べて高まっていると考えられるからです。

【具体例1】まず、先月に脱毛目的で来院されたお客さまのうち、男性の比率が22%でした。現状、男性向けの広告を打っていないにも関わらずです。

【具体例2】また、私たちが先月、20代から40代の男性500人に対して行ったアンケートにおいて、「脱毛に興味がある」と答えた方は全体の37%でした。ムダ毛が無くなることをポジティブに捉える男性が増えている傾向にあります。

【結論】以上のように、「来院されたお客様の属性」と「アンケート結果」を踏まえて、男性向けの宣伝を強化すべきだと考えます。

どうでしょう。何が言いたいのか理解しながら読めたはずです。

PREP法に当てはめるだけで、論理的に書いたり話したりできることがわかると思います。

ロジカルライティングの勉強になるおすすめの本

ロジカルライティングについてもっと学びたい!という方におすすめの書籍を紹介します。

ロジカル・ライティング(東洋経済新報社):コミュニケーションのスペシャリストである照屋華子氏の著書。有名コンサル企業のマッキンゼー・アンド・カンパニーでなどで培った経験をもとに、論理的に書くためノウハウをこの本に注入しています。ロジカルライティングといえばこれ、という立ち位置にいる書籍。新入社員から、経験のあるベテランまで、誰が読んでも参考になるはずです。

文章は「書く前」に8割決まる(サンマーク出版 ):フリーのライターとして多数の案件に携わっている上坂徹氏の著書。2011年に出版された本ですが、内容はいつの時代でも使えるものです。文章を書くときに考えるべきことがまとめられています。

SEOに強い Webライティング 売れる書き方の成功法則64(ソーテック社 ):コンテンツマーケティングに関する事業を行う「株式会社グリーゼ」の代表ふくだたみこ氏の著書。コンテンツマーケティングに携わっているならおすすめの本です。今回紹介したロジカルライティングを含め、コンテンツを書くときのコツが64の法則にまとめられています。

まとめ

今回はロジカルライティングをご紹介しました。文章に苦手意識がある方でも大丈夫。型に当てはめるだけで、ぐっとわかりやすくなるはずです。

理屈がわかれば、あとはとにかく実践していきましょう。地道に訓練を続けていけば、きっと論理的でわかりやすい文章が書けるようになります。

関連記事

ロイ 相手に伝わりやすい文章の書き方をお伝えします! 文章でうまく意図を伝えられなかった経験はありませんか? とくにリモートワークを取り入れている企業では、文章でのコミュニケーションが増えています。そのため、文章で[…]