webマーケターの年収は?|職業にするのがおすすめな理由も解説

webマーケターに興味がある。年収って、どれくらいなのかな?

こんな疑問にお答えしていきます!

  • webマーケターへの転職を検討している社会人の方
  • webマーケターになりたい学生の方
  • web業界の年収に興味がある方

この記事を読むことで、webマーケターの年収のイメージがつかめます。

また、webマーケターになることをおすすめしている理由も解説しているので、ぜひご覧ください。

ではさっそくいきましょう。

webマーケターの年収は?【結論:平均は高め】

webマーケターの年収は?

webマーケターの年収平均は500万円前後といわれている

webマーケターの平均年収は約500万円といわれています。

「いわれています」というのは、確かな一次情報が見つけられなかったためです。すみません・・・

ただ、dodaやマイナビの職種別平均年収調査でも、web系の職種はこのあたりが多かったので、合ってると考えて大丈夫でしょう。

日本全体の平均年収が約400万円なので、webマーケターの平均年収は高めといえます。

ただ、webマーケターといってもいろいろあります。

イメージ的には以下のような感じかと思います。(※とてもざっくりなので参考程度に)

  • コンサル会社の役職:1,000万円以上の猛者たちも
  • webコンサルタント・広告代理店の役職:600万円~
  • コンサル会社の一般社員・広告代理店中堅:400万円~
  • 広告運用者・社内マーケター:300万円~500万円

webマーケターの平均年収を上げているのは、コンサルタントによるところが大きいですね。

未経験なら300万円台のスタートが多い

未経験からwebマーケターへ転職したばかりの場合、コンサル会社や大手のwebマーケティング部署でもなければ、だいたいは300万円台のスタートが多いと思います。

そこからどれだけ上がっていくかは、これはもう会社によるところが大きいですね。

コンサル職や広告代理店なら、成果しだいで収入が跳ねることもあると思います。

ぶっちゃけてしまうと、社内webマーケターである僕の本業の年収も、2021年現在350万円から400万円の間です。

でも未経験から始めて、2年くらいでこれだけもらえるなら、むしろありがたいと思います。

コンサル・大手の社内webマーケターなら500万円以上も目指せる

コンサル業や、大手企業の社内マーケターなら、年収500万円以上をじゅうぶん目指せます。

ただ、未経験からこのような会社の面接に合格することは非常にハードルが高いです。

そのため、新卒でなければ、別の会社で数年webマーケティングに従事し、実績を作ってから目指すのが現実的です。

事業会社の社内webマーケターの伸びしろは薄い場合も

事業会社が社内にwebの部署を設けているケースが増えています。

筆者もwebマーケティングやってますが、このケースに当てはまります。

このような会社の場合、webマーケターの年収の伸びしろには限界があるかなと思います。

というのも、事業会社の場合、営業職の人がいます。

どれだけwebで集客しても、最終的に契約を取ってくる営業職の人のほうがやっぱり目立つし、昇給もそちらが優先されます。

会社の上層部が、どれだけwebに理解があるかにもよりますが・・・

会社のトップがwebの重要性を認識していない場合、知識をつけて他のところへ転職することを、心のどこかで準備しておいてもいいかも。

ただ、事業会社の社内webマーケターは残業が少ない傾向にあるため、余った時間を副業にあてることで副収入を作って伸ばしていけるという利点はあります。

フリーランスwebマーケターの年収はピンキリ

webマーケターとして経験を積んだ方は、フリーランスのwebマーケターになるケースも。

フリーランスのwebマーケターは、「ITプロパートバーズ」などのサイトなどで案件を見つけ、仕事をこなすことが多いようです。

ひと月フルでwebマーケターの業務をこなせば、50万円以上の案件もあるため、実績ある人がうまく案件を選べば稼げると思います。

週に2日ほどの勤務で10万円以下の案件もあるため、副業でフリーランスのwebマーケターをする人も増えているみたいです。

webマーケターへの就職・転職をおすすめする理由

webマーケターになることをおすすめする理由

先述したように、webマーケターという職種の年収は、なりたてのころは決して高いほうではないといえます。

それでもwebマーケターになることは、僕はおすすめできると思っています。

その理由を以下でお伝えしていきますね。

webマーケターの需要はこの先もある

広告運用やSEOのスキルは、この先、数十年たっても使えるものだと思います。

2点、その理由を示します。

将来性がある

電通の調査によると、2019年、ついに日本全体のインターネット広告費はテレビ広告費を上回るようになりました。

そして、今後もインターネット広告はプラス成長を続けていくとみられています。

事業を成長させていくうえで、インターネット集客の攻略は必須課題だと言っても過言ではないはず。

市場が成長を続けていく流れでは、webマーケターの需要は今後も増加する、つまり将来性がある仕事だと思います。

事業会社においても、代理店にweb施策を任せるのではなく、社内に部署を設けようという動きが増えています。

人の手で行うwebの仕事はこれからも残る

よく「今の仕事の多くはAIに取って代わられる」といわれています。

webマーケティングの分野においても、たとえば「効果の良い広告を多めに配信するようにAIが自動で調整をかける」という技術があり、AIの力を役立てている部分があります。

それでも、webマーケティングにおいて、人間の力が必要なことは残るでしょう。

たとえば以下のようなものです。

  • ターゲット層を決め、それに沿ったデザインのページを作成する
  • データを分析し、改善のために試行錯誤を重ねる
  • 読者の悩みを解決したり、心を動かしたりする独自のコンテンツを作る

こういったことは、どれだけAIが発達しても、人間の力で考えてやらなければ、心にぐっとくるコンテンツは作れないんです。

だから、webマーケティングの知識を持っていると、先の時代も重宝される人材になれると思います。

マンネリ化しにくい

webマーケティング業界は、動向が頻繁に変わるため、常に情報をキャッチして対応していかなければなりません。

大変そうにも思えますが、新たな手法をどんどん試せるというのは、楽しみでもあると思います。

つまり、ルーティンワークにはなりにくい職種だということです。

僕自身、webマーケターに転職する前は、同じ作業を繰り返すような仕事をしている状況で、

「今と同じような作業をあと30年続けるのか?」

「それでいいのだろうか、常に新しいことに挑戦できることをしたい」

そう考えてweb業界に来ました。

運よくwebマーケターになれましたが、まだまだ覚えることがありすぎます。

ある意味望んだようになっていると思います。笑

本業で得る知識がそのまま副業に活きる

昨今では、ブログ・ライティング・SNSなど、web系の副業を行う方が増えています。

普段からwebマーケティングの仕事をしていれば、知識をそのまま副業に活かしやすくなります。

たとえばブログなら、はじめは理解が難しいキーワードの概念をクリアした状態で始められます。

ふだんからコンテンツ制作をしているなら、ライターとして評価を高め、文字単価を上げやすいでしょう。

副業をするために、新たにインプットする情報が少なく始められるのは、なかなかお得なことではないでしょうか。

webマーケター就職・転職にはエージェント活用もアリ

webマーケターへの転職、とくに未経験からなりたい場合には、転職サイトと一緒に転職エージェントへの登録をおすすめします。

理由としては以下のようなところですね。

  • 履歴書・職務経歴書の書き方を教えてくれる
  • 企業に自分を売り込んでくれる
  • 面接対策ができる

webマーケターになりたい場合に、どんなことをすればよいか一緒に考えてくれます。

Webマーケターへの転職におすすめのエージェントは、こちらの記事でご紹介しています。

関連記事

Webマーケティングに興味があるけど、スキルが必要そうだし未経験からなれるのかな…? 今回はこのような疑問にお答えしていきます。 Web業界・Webマーケターに興味がある人 おすすめの転職エージェン[…]

転職エージェントそのもののメリット・デメリットについては、こちらもぜひご覧ください。

関連記事

ロイ 転職の際、とりあえず登録しといて損はないはずです! 転職活動のなかで、「転職エージェントは登録したほうがよいのか?」と考えたことのある方は多いと思います。 今後、転職を検討している方 転職サイト[…]