Webマーケター転職での会社選びのポイント【現役が解説】

悩む人
Webマーケティング会社への転職を考えているけど、どんな会社が自分に合っているのだろう?

こういった疑問に対して解説していきます。

ロイ
ロイです!当サイト「ROY BLOG」を運営しています。
普段は事業会社で社内Webマーケターとして働いています。

Webマーケティング会社への転職を考えている方にとって、少しでも会社選びの軸を見直すきっかけとなれば嬉しいです。

では早速いきましょう。

Webマーケター転職のポイントその1|仕事内容で選ぶ

Webマーケター転職のポイントその1|仕事内容で選ぶ

Webマーケティング会社を選ぶ際の軸の1つは「仕事内容」です。

「Webマーケティング」とひとくちに言っても、作業内容は多岐に分かれます。

「Webマーケティング領域は全部やります!」という会社はほぼ無く、実際にはどれかに特化しているパターンがほとんどです。

その中から、自分がとくにやってみたい仕事内容を整理しておくことが、Webマーケティングの会社選びでは大切です。

Web広告運用

Webマーケティングの2大手法は「Web広告」と「SEO対策」と言って差しつかえないでしょう。そのうちの1つです。

  • リスティング広告:おもに検索結果の上部や下部に表示される広告。ユーザーが検索する言葉の裏に潜むニーズを考えることが大切。
  • ディスプレイ広告:Webサイト上などに表示されるバナー(画像)の広告。ユーザーがクリックしたくなるようなバナーや、飛び先のページとの関連性が大切。
  • SNS広告:Twitter・Facebook・LINEなど、それぞれの媒体の特徴を活かして配信する広告。

限られた予算のなかで効率的に集客できるよう、広告の内容を考えたり、データをもとに改善したりという取り組みを行います。

顧客のニーズを読み取り、適切に広告を出す作業を追求してみたいなら、あなたにはWeb広告を中心に行う会社が合っていそうです。

SEO対策

Webマーケティング2大手法の1つ「SEO」です。

ユーザーが検索をした時に、自社のサイトやページが検索結果の上部に表示されるよう試行錯誤します。

ユーザーがどんな言葉で自社のサイトに訪れるのか考えることも大切ですし、役に立つ記事や、悩みを解決する記事を執筆することも大切です。

広告に比べると長期的な施策になりますが、うまくSEO対策ができれば費用をかけずに集客ができるようになります。

広告に頼らず、いかにWebサイトを多くの人に見てもらえるようにするのかを極めたい方や、文章を書くことが好き方はSEO関連に強い会社が良いかもしれませんね。

その他の分類

2021年6月現在は、先述した広告とSEOの求人がまだまだ多いです。

ただ、この先、SNSや動画での集客を強化する企業が今以上に増える可能性はもちろんあります。

そのあたりのスキルを活かしたい方は、求人をよくチェックしておくことをおすすめします。

関連記事

Webマーケターの仕事内容を知りたい。 たとえばどんなことやってるの? 今回はこういった疑問にお答えしていこうと思います。 ロイ ロイです!2018年に未経験からWebマーケターに転職しました。 […]

Webマーケティング転職のポイントその2|会社の種類で選ぶ

Webマーケティング転職のポイントその2|会社の種類で選ぶ
Webマーケターの職場を、本当にざっくり2つに分類すると「代理店」と「事業会社の社内Webマーケター」になります。

それぞれのメリット・デメリットを挙げていきます。

代理店(コンサル含む)

代理店は文字どおり、Webマーケティングのノウハウを持っていない会社の代理として、広告運用やSEO施策を行う会社です。

メリット

  • 様々な業界を担当することで知見がつく
  • 社内のノウハウや場数によって成長しやすい
  • 業界の最新情報をいち早く知りやすい
  • 基本的に社内Webマーケターよりは給与水準が高い

デメリット

  • 会社によっては残業が多い場合がある
  • ノルマをこなすという精神的負荷がある
  • 自由度は低い(予算や訴求のしかたなど、クライアントの指示範囲内で行う)

代理店系のなかでも、すでにブログなどの副業を始めている方は「SEO代理店orコンサルティング」の会社を目指してみてもいいかもしれないですね。

理由は、SEOを会社で学んでいると副業に活かしやすいですし、ブログの経験がSEOに活きて本業にも好影響が出ることが期待できるからです。

事業会社の社内Webマーケター

会社の業界的にはWebと関係ないものの、Webマーケティングを代理店に任せず、自社内に部署を設けているパターンです。

ちなみに、僕は今このパターンで働いています。

メリット

  • 自由度が高い
  • 比較的残業が少ない
  • 自社の業界に詳しくなる=「このジャンルの広告なら任せろ」的な存在になれる
  • 自社の成長に貢献できる

デメリット

  • 成長のためには自ら情報をキャッチしていく必要がある
  • 社内にノウハウがなく手探りで施策を打っていく場合がある
  • 社内がWebマーケに理解がない可能性がある

自社の成長に貢献できるという面白味があり、予算内で何をするかの裁量が大きいのが自社のWebマーケターです。

Webマーケティング会社選びは自分の目的をよく考えて

Webマーケティング会社選びは自分の目的をよく考えて
「どんな会社を目指せばいいのか?」という疑問に関して回答するなら、これは正直、人によります。

答えになってないと思われるかもしれませんが、こればっかりは本当に、人によっておすすめできる会社がまったく異なるのです。

ロイ
会社選びでは、万人に対する正解はありません。目指す働き方や身につけたいスキルによって、よく検討しましょう。

たとえば「広告運用のスキルをつけて自分の市場価値を高めていきたい」という目的があるなら、広告運用中心の代理店か、Web広告を強化したい事業会社に行くべきですよね。

また、仮に「すでに副業でブログを始めているから、活かせる知識を得ながら働きたい」という目的があるなら、SEOコンサル会社や、自社メディアのSEOを強化したい事業会社を選ぶべきです。

「これからはSNSの時代だから、SNS運用でいろんな人と関わりながら集客をしてみたい」と思っているなら、広告やSEOよりもSNS運用で募集している会社で働くほうが幸せです。

このように、同じWebマーケティング業界でも、目的によって目指す会社が異なります。

自分がWebマーケターになって何をしたいのか、どんな働き方をしたいのかをよく整理しておきましょう。

まとめ

Webマーケターへの転職を考えているなら、以下の2軸を中心に、自分が目指すべき会社のイメージとマッチ度の高い求人を選んでいくことをおすすめします。

  • 広告やSEOなど、どの領域を中心にWebマーケティングをするのか
  • 代理店で案件をどんどん担当していくのか、社内のwebマーケターとして裁量をもって働くのか

ここをよく考えておくことで、入社後のギャップも軽減できるのかなと思います。

Webマーケターへの転職、とくに未経験からの場合はエージェントに相談するのも1つの手です。

登録料や利用料は無いうえ、非公開の求人を紹介してくれるので、基本的に登録しておいて損はありません。

未経験からWebマーケターを目指す方におすすめの転職エージェントをご紹介します。

未経験からWebマーケターになりたい人におすすめのエージェント

リクルートエージェント
圧倒的求人数。案件が多いから自分とのマッチ度が高い企業が見つかりやすい。ちなみに僕は、今の会社にはここから転職できました。

doda
リクルートエージェント並みの豊富な求人数。エージェントの対応がきめ細やかな印象。サイトは1番使いやすいと思います。

マイナビエージェント
たまたまかもですが、僕が転職活動していた時の感覚では未経験歓迎枠が多かった印象。未経験が狙いやすい中小企業も豊富。

マスメディアン 転職支援サービス(無料)
こちらはweb・IT特化の転職エージェントです。宣伝会議という、web業界では有名な企業が運営しています。キャリアアドバイザーが業界を良く知っていることが魅力です。

また、転職エージェントを活用するメリットについて詳しく解説した記事もありますので、こちらもぜひご覧ください。

関連記事

Webマーケティングに興味があるけど、スキルが必要そうだし未経験からなれるのかな…? 今回はこのような疑問にお答えしていきます。 Web業界・Webマーケターに興味がある人 おすすめの転職エージェン[…]