注目キーワード
  1. Webマーケター
  2. Canva
  3. Kindle Unlimited

Webマーケターは文系・理系は関係なく活躍できる職業です|その理由を解説

文系出身の人
Webマーケターは文系でもなれますか?なんだか理系の専門職なイメージがあります。

今回はこの疑問にお答えしていきます。

ロイ
ロイです!当サイト「ROY BLOG」運営してます。普段は事業会社で社内Webマーケターしています。

「Webマーケティング」と聞くと、IT系の専門職というイメージがあり「文系出身ではなるのが難しい」と感じる方がいるようですね。

結論からいうと、文系出身でも全然なれますし、活躍できますよ。僕自身、文系出身の事務員という状況からWebマーケターへ転職しています。

というわけで、この記事では文系出身でもwebマーケティング領域で活躍できる理由を解説していきます。

Webマーケターという仕事の概要を知りたい方は「Webマーケターとは?未経験でなれる?|仕事内容・年収・スキルなど【現役が解説】」をご覧ください。

Webマーケターは文系と理系どちらが向いてるの?

結論、どちらが向いているとかは正直ありません。目指したければ、文系・理系なんか関係なく目指せるし、活躍できる職種です。

その理由を以下の見出しで解説します。

Webマーケティングにはさまざまな領域がある

Webマーケティングには、さまざまな領域があります。

  • SEO施策
  • ライティング
  • 広告運用
  • データ分析
  • SNS運用

ほかにもさまざまな業務に細分化されます。

数字による効果検証など理系的な能力が必要な仕事内容があれば、伝えたいことを言語化する国語力など文系的な要素もあります。

文系脳を活かす場面、理系脳を活かす場面が要素を両立してマーケティングが成り立ちます。

だから、担当する領域によって文系理系どちらでも活躍しやすい場所がります。そのため、どちらもWebマーケターに向いているといえます。

関連記事

Webマーケターの仕事内容を知りたい。 たとえばどんなことやってるの? 今回はこういった疑問にお答えしていこうと思います。 ロイ ロイです!2018年に未経験からWebマーケターに転職しました。 […]

Webマーケターは文系でも活躍できる理由

Webマーケターは文系でも活躍できる理由

Webマーケターは理系的な能力だけでなく、文系的な思考や能力も求められます。文系でも活躍できる理由をみていきましょう。

別に、数学や物理とかをやるわけじゃないから

Webマーケティングの業務において、数学や物理のように複雑な数式や方程式を覚える必要はありません。それに、CADのように理系学部じゃないと通らないようなスキルも必要としていません。

たしかに、WebマーケティングではCTRとかCPAとか、専門用語を覚える必要はあります。それに、SEOや広告の知識もつけていかなければなりません。

でも、こういう知識は学校で習うわけではないです。じゃあ、文系だろうが理系だろうがスタートは同じです。

担当領域によっては文章をたくさん書くから

Webマーケティングの仕事内容には、SEOがあります。

これは、ユーザーがGoogleやYahooなどの検索エンジンを使って調べものをする時、自社のサイトを検索結果の上位に表示するための施策です。

そして、SEO施策ではページを増やすことが第一です。

場合によっては、コンテンツの執筆を自ら行うこともあります。

そのため、日本語の文章に触れる機会が多かった文系の人のほうが、文章を書き続けることへの耐性も含めて適性があるといえるでしょう。

わかりやすく書く力が求められるから

Webマーケティングでは、広告でもSEOでもSNSでも、相手が理解しやすい文章を書くことが大切です。

相手への伝わりやすさ・わかりやすさを意識することは、文系の人が得意とする部分だといわれます。

ただ、ここでは根拠なく「文系のほうが理系より文章がうまい」と言いたいわけではないです。

よくいわれる「理系より文系のほうが文章がうまい」というのは、思い込みだと僕は感じています。理系でも文章がきれいで整った人はたくさんいるはずです。

では、なぜ文系のほうがわかりやすく書ける傾向にあるのかというと、文系脳と理系脳の文章への向き合い方にその要因があるといえます。

  • 文系脳:受け取る側に理解の差が出ることを恐れず、まずは共感・理解しやすい文章であることを重視する
  • 理系脳:理解しにくい文章になるとしても、とにかく誤解を生まない正しい文章であることを重視する

Webマーケティングの場合、とくに広告文やサイトのコンテンツでは、わかりやすく共感しやすい文章が求められます。そういう意味では、文系的な思考が合っているのです。

人の感情に訴える仕事だから

Webに限らず、マーケティングを突き詰めると「ユーザーの共感を最大化し、商品やサービスの購入を促すこと」ことになります。

ここでまた、文系脳と理系脳の違いを見ていきましょう。

  • 文系脳:何気ない相手のひとことに対して「なんでその言葉を使ったのか」という心情や背景を気にします。
  • 理系脳:何気ない相手のひとことに対して「なぜその発言をしたのか」という論理的な根拠や裏付けを気にします。

もう1つ大事なポイントがあります。それは「人は理論ではなく感情でモノやサービスを買う」ということです。

人にモノやサービスを売るには、ユーザーの感情に訴えて買ってもらうプロセスを言語でストーリー化する能力が活きます。

その能力は、人の感情に敏感で共感力の高い文系脳に近いです。どちらかというと、共感を生むためのセールスライティングには文系脳が求められるといえます。

Webマーケティングで理系脳が活きる場面

もちろん、Webマーケティングの仕事では、理系的な考え方が活きる場面もあります。

数値の根拠と施策をロジカルに導きたいとき

Webマーケティングは、データの分析とは切っても切れない関係です。

  • サイトのPV数
  • CV(お問い合わせや購入)の数
  • 広告のクリックされやすさ etc…

ただその数値を見て「へ~」となるだけでなく、「なぜその数値になったのか?」→「数値を改善するためにはこうすべきではないか?」ということを筋道立てて考えることが大切です。

感覚・感情ではなく、理論を大切にするのは理系脳の特徴です。しっかり数値を分析し、思いつきではなく根拠のある施策に繋げる理系的な脳みそは重宝されますね。

プログラム領域の理解

Webマーケティングでは、プログラミングで使うような開発言語の習得は、とくに必要ありません。とはいえ、知っているほうがクライアントや他部署と話をする時に役立つことはあります。

こういった言語の理解は、理系出身者のほうが早い傾向にあるのは間違いないでしょう。

「文系→Webマーケティング」という経歴の筆者が感じたこと

Webマーケの仕事を覚えるうえでは、本当に文理は関係ない

僕自身、文系出身からWebマーケティングをやっている人間です。

「うわ~Web業界に来るなら理系コースいってりゃ良かった」って思ったことは、本当にないです。笑

たしかにいろんな数値を見て分析とかしますけど、計算自体は機械がします。あとは「機械が出した数値をどう解釈して施策につなげるのか」が僕の仕事です。

こうやって考えることに、文系・理系なんてとくに関係ないですよね。だから、とくに文系出身だから苦労したって感覚は本当に無いです。

文章を考えるのはけっこう楽しい

Webマーケティングでは、どんな領域をたんとうしていても、文章を書く機会が多いです。

  • 広告運用:お客さんに響く広告文を考える
  • 記事作成:SEOに効くように、かつお客さんにとってわかりやすく書く
  • データ分析:集めたデータから導いた施策を資料にまとめる

「記事を見る人は専門用語わからないし、どうやって書いてあげたら理解できるだろう」「結論から書いて、根拠となる理由を付けよう」とか考えながら書くことで、文章の上達にもつながります。

まとめ

Webマーケターは専門職ではありますが、未経験でもなれますし、一般的なイメージよりは人を選ばない職業かなと思います。

僕自身、ガチガチの文系出身で、事務員として社会人生活をスタートしていますが、それでも今はWebマーケティングを仕事としています。

文系出身だからといって、なれないわけでも活躍できないわけでもないです。未経験でWebマーケティングに興味を持っている方は、ぜひ目指してみてはいかがでしょうか。

関連記事

Webマーケティングに興味があるけど、スキルが必要そうだし未経験からなれるのかな…? 今回はこのような疑問にお答えしていきます。 Web業界・Webマーケターに興味がある人 おすすめの転職エージェン[…]